Bunkamuraル・シネマ開館以来初の邦画上映 濱口竜介監督『偶然と想像』12・17公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第71回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリ(銀熊賞)を受賞した、濱口竜介監督の映画『偶然と想像』の公開日が12月17日に決定。東京での封切館は、渋谷のBunkamuraル・シネマに決まり、これは1989年の開館以来初の日本映画のロードショーとなる。

【写真】出演者の顔写真一覧

 同作は、タイトル通り「偶然」と「想像」をテーマにした3話オムニバスから成る濱口監督初の短編集。『ハッピーアワー』等のプロデューサー・高田聡氏とともに企画立ち上げを行い、2019年夏から約1年半をかけて製作された。脚本もすべて濱口監督自身が手掛けている。出演は、古川琴音、中島歩、玄理、渋川清彦、森郁月、甲斐翔真、占部房子、河井青葉ほか。

 ベルリン国際映画祭の後も海外映画祭への招待が続き、9月にハンガリーで開催された「第17回CineFest ミシュコルツ国際映画祭」では最高賞にあたるエメリック・プレスバーガー賞を受賞。一足先に公開された海外からは絶賛する声もあがっている。

 ようやく日本での公開日が発表となり、日本版ポスターデザインも解禁。イタリア版ポスターに使用されたイラストを採用し、3つの短編に出演するそれぞれの登場人物が軽やかなタッチで描画されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事