山口紗弥加『脱力』の魅力は「リアルガチな生っぽさ」 有田から出川への愛ある演出に感慨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の山口紗弥加、お笑い芸人の出川哲朗が、10月1日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズSP』(後11:00)に出演。オープニングでは、山口が「出川さんのことが大好きなんです…」と頬を赤らめながら告白し、お約束の“熱湯風呂”のリアクション芸を、生で見るのが夢だと語る。すると、MC・アリタ哲平(有田哲平)の提案で、番組が考案したオリジナルの熱湯風呂に出川が挑戦する。

【番組カット】メガネ姿で…『脱力タイムズ』の世界観に溶け込む山口紗弥加

 今回の特集は、番組初となる出川の持ち込み企画「出川哲朗が“海苔(のり)”を全力でプレゼン」。古くから日本の食卓には欠かせない身近な食材である海苔の魅力を、実家が老舗の海苔問屋を営んでいる出川が、海苔の歴史から意外なトリビアまで余すところなく、70分間たっぷり解説していく。

 スタジオには「意外と知らない海苔の歴史」「知って得する海苔の産地と使い分け術」「おいしい海苔の選び方」などの情報がびっしり書き込まれたボードが登場。それをもとに、アリタの質問に答える形で、出川が海苔の魅力を熱く解説し始める。しかしすぐに、解説員の出口保行氏と齋藤孝氏が話に割って入り「“海苔”の話題だけで70分を費やすのは、いくら何でも無理がある」と主張する。海苔業界を応援したいという自身の思いに応えてくれた番組の温情に感謝しつつ、共演者たちの言い分も理解できる出川は、どうしてよいかわからず、すっかりうろたえてしまう。

 そんな中、ただ一人、今回の特集に前のめりだったアリタが、とうとうブチ切れてしまい、急きょ特集内容の変更を宣言。こうして、「出川哲朗のリアルガチ本音対談」の幕が切って落とされる。収録を終えた山口がコメントを寄せた。

――今回の収録はいかがでしたか?

この番組に出演させていただくのは2度目なんですが、やはり、“こんなに疲れる仕事はないな”というのが、率直な感想です(笑)。まず、けいこもリハーサルもなしのぶっつけ本番というスタイルが、役者にとっては慣れないことなんです。しかも仕掛け人の立場なので、絶対にミスは許されません。もう緊張を通り越して、変なアドレナリンが出るんですよ(笑)。コメンテーターという役割があるだけで、ほぼ“私”として演技をするというのは、ウソと本当を行ったり来たりで、何とも奇妙な感覚に陥ってしまって、自分が何をやっているのかわからなくなる瞬間があるんです。そんな中、ただひとつ確信したのは、出川さんがとてもやさしい方だということ、そこに尽きますね。とにかく、出川さんが大好きです(笑)!

――山口さんは、以前から『全力!脱力タイムズ』の大ファンだそうですが、この番組のどんなところに魅力を感じているのでしょうか。

何と言っても、一発本番のヒリヒリ感です。虚実ないまぜの壮大な茶番劇(笑)の中に、ちょっとした本音の部分がつい漏れ出てしまうところが、やっぱり面白いなと思うんです。ふとした隙に垣間見える真実…出川さんの言葉を借りるなら、“リアルガチ”な生っぽさ(笑)。それが随所に散りばめられていて。有田さんがムチャ振りをするときの、あの悪い顔もたまらなく好きです。恐怖で“ヒーッ!”となります(笑)。今回は特に“ただでは生きて帰れない”、そう思って参戦しました。つくづく恐ろしい番組だと思います(笑)。

――前回(2019年2月22日放送)ゲスト出演されたときと比べて、何か違いを感じるところはありましたか?

今回強く感じたのは…愛と、信頼と、誇り。何だか謎な回答になってしまったかもしれませんが(笑)。有田さん、出川さんをはじめとするスタッフ、キャストのみなさんの、仲間を想(おも)い、敬う気持ち、エンターテインメントに対する熱い思いというものを知ることができた気がして。まさか、あの『全力!脱力タイムズ』で胸熱の感動に出会えるなんて…何だかだまされた気分です(笑)。

――今回の『全力!脱力タイムズ』の見どころを教えてください。

まるごと出川さん! これはもはや、有田監督から出川さんへの全力のラブレター、愛の物語なんじゃないかと。最後の最後まで、出川さんを堪能していただけたらと思います。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事