山下智久、男性タレント初の『週プレ』表紙&グラビア 二階堂ふみが肉体美と色気撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優・歌手の山下智久が、4日発売の男性向け週刊誌『週刊プレイボーイ』42号(集英社)の表紙に抜てきされた。男性タレントが誌面グラビアと連動した表紙を飾るのは、同誌創刊以来初の快挙(※)で、女優の二階堂ふみをフォトグラファーに迎えた豪華フォトセッションとなった。

【別ショット】濡れ髪が色気たっぷり!カメラを見つめる山下智久

 今回の撮り下ろしは、創刊55周年特別企画として実現。同号では16 ページのグラビアに加えて、ロングインタビューも掲載され、写真と文字で山下智久の「今」に徹底的に迫る。また新たな試みとして、週プレ誌面とは異なるイメージの数々を掲載した「週刊プレイボーイ『号外』山下智久」を同日に緊急刊行することも決定。両企画の実現を記念して、MAGNET by SHIBUYA 109のビッグボードなど、都内8ヵ所にてビルボード広告を掲示する。

 山下は今回の起用に「すごい光栄です。歴史ある雑誌の歴史的な瞬間に携わらせていただけることをうれしく思います」と喜びながら「同時に、読者には申し訳ないなと。“なんだよ、期待したのに男の写真が載ってんのかよ”って。そこは本当に申し訳ないなと思いつつ、毎日地道にカロリー計算しながら身体を鍛えてきたので、ちょっとだけ大目に見ていただけたらなと(笑)」と呼びかけた。

 5年前の創刊50周年記念号ではバニーガール姿で表紙を飾った二階堂が、今回は撮影する側となり、被写体として山下を捉えた今回のグラビア。自由な発想で切り取られたエレガントな写真の数々は、グラビアの新しい可能性を予感させる。同時に、ドキュメンタリー写真家の名越啓介氏も撮影に参加し、磨かれた肉体美と男の色気をスリリングに活写した。

(※)同誌では坂東玉三郎(1972)、松本人志(2009)が表紙を飾っているが、誌面の撮り下ろしグラビアと連動した表紙は山下が初めて。

●松丸淳生編集長コメント
「週プレの創刊50周年記念号の表紙で、二階堂ふみさんがバニーガール姿を披露してから5年。55周年の今年は『グラビアをもっと自由に!』と考え、二階堂さんが撮影する側に。被写体は、読者世代の36歳、活躍の場をグローバルに移しつつある山下智久さんにつとめていただきました。山下さんが早くから海外を視野に、地道に英語の勉強を続けてきたことはご存じの方も多いかもしれませんが、彼を10代の頃からよく知る編集者によると、山下さんは高校時代、撮影に隙き間時間が生まれると二次関数、因数分解など定期試験の数学の勉強をしていたそうです。そんな努力を今まで陰で続けながら、華やかな雰囲気のまま成熟を増していく山下さんと、グラビアの新しい地平を開けたらと考えています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事