『R-1ぐらんぷり』決勝進出10名決定 実力派、OL、盲目の漫談家… 異色の顔ぶれ揃う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 “ひとり芸日本一”を決定する『R-1ぐらんぷり2018』の準決勝が12日、東京・ニッショーホールで開催。準決勝終了直後に決勝進出者の発表が行われ、カニササレアヤコ、河邑ミク、霜降り明星・粗品、濱田祐太郎、おいでやす小田、おぐ、ルシファー岡田、チョコレートプラネット・長田、紺野ブルマ、ゆりやんレトリィバァの10名がファイナリストに選ばれた。

【昨年の王者】アキラ100%、ベッキーとお盆1枚でNYの街に登場

 大会常連組、実力派芸人が顔を揃えるなか、一番に名前を呼ばれて登壇したカニササレアヤコは、フリーの芸人と兼業する形で「普通にOLをやっている」と明かし「部長の評価があがるように頑張りたい」とリラックスした様子で意気込んだ。

 中でも注目なのは、盲目の漫談家・濱田祐太郎だ。「僕は生まれつき、目がよく見えない。決勝に残れたので頑張りたい」と語りつつ、霜降り明星・粗品の「僕だけ靴が汚い」というボケに「僕は靴が見えないのでピカピカなのかわからない」と、かぶせて笑いをさらっていた。

 プロアマ問わず一人芸の面白さだけで競う今大会には、史上最多となる3795名がエントリー。司会は15回連続の雨上がり決死隊とフジテレビの宮司愛海アナウンサーが担当。決勝戦の模様は、3月6日の午後7時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送される。

 第1回は、当時芸能事務所に所属していなかった、だいたひかるが優勝。その後は、浅越ゴエ(第2回)、ほっしゃん。(第3回)、博多華丸(第4回)、なだぎ武(第5、6回連覇)、中山功太(第7回)、あべこうじ(第8回)、佐久間一行(第9回)、COWCOW・多田健二(第10回)、三浦マイルド(第11回)、やまもとまさみ(第12回)、じゅんいちダビッドソン(第13回)、ハリウッドザコシショウ(第14回)、アキラ100%(第15回)が栄光に輝き、トップ芸人の仲間入りを果たしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事