佐野勇斗、映画『嘘喰い』で横浜流星の相棒に「カリスマ性、すごかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イカサマも殺しも何でもありな、騙し合いゲームを描いた迫稔雄氏のギャンブル漫画を横浜流星主演、中田秀夫監督で映画化する『嘘喰い』(読み:うそぐい/2022年2月公開)に、俳優の佐野勇斗が出演することが発表された。

【写真】横浜流星のカリスマ性あふれる初出し場面カット

 佐野は、TBS系列日曜劇場『ドラゴン桜』のミステリアスな元教え子。同『TOKYO MER 走る緊急救命室』でのメカオタクの臨床工学技士、そして現在放送中の日本テレビ系『真犯人フラグ』と立て続けに話題作に出演。

 本作で演じるのは、横浜演じる天才ギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)に偶然出会い、人生が一変する青年・梶隆臣(かじたかおみ)。原作でも人気のあるキャラクターだ。借金を抱え上手くいかない人生を嘆いている、そんなどこにでもいる青年が、貘と行動を共にするうちに賭けに魅了されていき、次第に相棒になっていく役どころだ。生死を懸けた騙し合いゲームにどう巻き込まれていくのか。

 佐野は「キャラの濃い登場人物達の中で、唯一観客の皆様に近い存在だと思うので、より共感していただける役」とコメントし、相棒となっていく横浜についても「休憩中もずっといろいろなお話をして仲良くさせていただいて、貘と梶のバディ感を作る上でとても助かりました。流星くんのカリスマ性、すごかったです」と話している。

■佐野勇斗のコメント(全文)
 梶隆臣という人物を理解したうえで、原作ファンの方が違和感を感じない様に、でも自分にしかできない梶を、という二つをいい塩梅でミックスできるように心掛けていました。

 そして何より、梶はキャラの濃い登場人物達の中で、唯一観客の皆様に近い存在だと思うので、より共感していただける様に監督と話し合いました。現実世界ではあり得ない非日常的な世界観をどう表現するのか監督と相談する中で、一つ一つの表情やせりふの言い回しを少し立てるなど、いつもより大きな芝居でつくっていきました。全編通して見どころなのですが、僕の中で森のシーンは流星君ともたくさん相談しながら撮ったシーンなので、是非注目していただきたいです。

 流星くんと斑目貘という人物はすごく共通点があるなあ、と近くで演じさせてもらっていて思いました。いつも自信があってかっこいい背中を見せてくれる、ついて行きたくなる様な存在なのですが、でもどこか危なく、愁のあるオーラを出す。流星君だからこそできる斑目貘だなと日々感じていました。バディを組ませていただいているのですが、休憩中もずっといろいろなお話をして仲良くさせていただいて、貘と梶のバディ感を作る上でとても助かりました。流星くんのカリスマ性、すごかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事