木梨憲武、いまだ現在進行系「楽しみながら全力でいけることを探している」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(59)が14日、MCを務めるテレビ東京系オーディション番組『~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z』(24日スタート 毎週日曜 後9:00)のオンライン取材会に出席した。オーディションやチャレンジをテーマにしたトークで、木梨は「楽しみながら全力でいけることを私も今探しています」と語り、自身もいまだ現在進行系であるとした。

【写真】「激アツ」仮面ノリダー・木梨×仮面ライダージオウ・奧野の変身ポーズ

 テレビ東京が“Z世代”に夢と希望を与えるオーディション番組で、木梨は同局で初めてMCを務める。「(番組に関係する)EXILEのHIRO会長からご指名を受けまして、私でよければと(お受けした)」と明かし、これから始まるさまざまなオーディションに対して「間近で見守れる喜びでいっぱい」と期待をにじませた。

 自身も若手時代に複数のオーディションに参加した経験があり、「40年以上前に東京12チャンネル(現在のテレビ東京)のオーディションにも行ったし、そのあとは日本テレビのオーディション番組(『お笑いスター誕生!!』)に行ったんだ」としみじみ。「オーディションは自分たちをアピールする最大の発表会。思いを伝えにいくことが大事。そうすると、どなたかが見ている」と呼びかけた。

 「憲武さんは緊張する?」と質問されると、「しないっす」と即答。「ほぐし方は人それぞれ」としながら、自身について「今はプライベートも撮影も境がなくなってきた。どれだけ普段どおりを出せるか」と語り、「楽しみながら全力でいけることを私も今探しています」と笑顔で語った。

 木梨が「おじさん代表として若い世代を見守りたい」という番組。芸能プロダクション「LDH JAPAN」による史上最大規模のオーディション『iCON Z』に独占密着するほか、TikTokから弾き語りシンガーを生み出す企画や、テレ東深夜ドラマの主演オーディションなどが行われる。木梨はさっそく「知り合いのミュージシャンを(審査員として)連れてこようかな」と案をめぐらせていた。

 また、同局の池谷実悠アナウンサーが木梨とともに司会を務め、業界の大先輩に尊敬のまなざし。池谷アナは「本当に小学生の頃からずっとテレビで見てた人。本当にいるんだなと。(収録中に)目を合わせてくれてうれしかった」と堂々とふるまい、木梨と名タッグを予感させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事