22歳・志田彩良、洗濯機回したことない「お恥ずかしい話…」 役作りで奮起“家事”母から教わる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の志田彩良(22)が16日、都内で行われた、映画『かそけきサンカヨウ』公開記念舞台あいさつに登場した。

【集合ショット】井浦新&菊池亜希子も登壇!真剣な表情でフォトセッションに臨む志田彩良&鈴鹿央士

 同映画は、窪美澄の短編集を原作に、家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽(志田)の葛藤と成長が、同級生・陸(鈴鹿)との“恋まではたどり着かないような淡い恋愛感情”を交えて描かれる。

 役作りについて志田は「陽ちゃんは、家事を日常的にやっている女の子だったのですが、私はお恥ずかしい話、洗濯機を一度も自分で回したことが今までなくて…」と照れ。

 「このままでは家事の出来なさというか、自然に見えないと思い、そこはなるべくうそはつきたくないと思い、この作品に入る前、緊急事態宣言下で自宅にいないといけない期間で、これはチャンスだと思い、家族に『きょうから私が洗濯もご飯も家事も全部担当するから任せて!』と言って、母から一から洗濯のやり方を教えてもらいました。料理も毎日献立を考え、家族の分も作る生活をしました」と伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ライフ・カルチャー > オリコンニュースの記事
新着記事