【京都国際映画祭】吉本新喜劇OB・木下ほうか、後輩座員と絡んで爆笑誘う コケ芸も披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の木下ほうかが16日、京都市内の各所で開催されている『京都国際映画祭2021』(17日まで)内で行われた映画『西成ゴローの四億円の舞台あいさつに参加した。

【画像】さすが吉本新喜劇OB!伝統のコケ芸を披露する木下ほうか

 今年の京都国際映画祭では海外で数々の賞を受賞した上西雄大監督特集を実施。上西監督が主演も務める『西成ゴローの四億円』のジャパンプレミアとなる。題材に大阪・西成を選んだ理由について上西監督は「関西人にとって西成は人間の色が1番濃い街。西成のヒーローを作り語ったんです」と明かすと「今の西成は住みやすい。フィクション。架空のものですから」と呼びかけていた。

 続編となる『-死闘編-』から出演する木下は「出てないんです…。気まずいんです」と苦笑い。「なんで呼んだん?」と横に居た長原成樹に聞き始め「俺が呼んだんちゃうがな」と返されていた。『-死闘編-』については「8倍、おもろい。まだ見てないけど」と話していた。

 また、フォトセッションが始まると「邪魔するで~」と吉本新喜劇の吉田裕&清水けんじが乱入。すると木下は「邪魔するんやったら帰って~」と返答し、2人が「あいよ~」と帰る新喜劇のおなじみのくだりを披露。吉田が「なんでやねん。ほんで、なんで知ってんねん!」とツッコむと木下は「30数年前(新喜劇に)おって、やってんねん! 君らのパイセン」とにやり。過去に吉本新喜劇に所属していた事実を明かし、観客を驚かせていた。その後、すっちーも登場。おなじみの乳首ドリル(コロナ対策バージョン)などを披露し、最後は木下も参加して伝統のコケ芸を披露するなど笑いの絶えない舞台あいさつとなった。

 本作の主人公は、大阪の西成に住む、日雇い労働者・土師悟朗。腕っぷしが強くて皆から頼られる反面、殺人罪で服役していた過去から「人殺しのゴロー」という異名を持っていた。断片的に記憶を失った彼だが、元政府諜報機関の工作員だったこと、妻と娘がいたことなど記憶を少しずつ取り戻していく。ある時、家族の現状を知ったゴローは、固く決意する。「心臓移植が必要な難病を患う一人娘のために、どんなことをしてでも四億円を稼いでみせる」ということを…。

 舞台あいさつには、津田寛治、徳竹末夏、古川藍も参加した。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で8回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事