大島優子、初大河に「喜びと興奮」 『青天を衝け』渋沢家の発展に一翼担う伊藤兼子役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の大島優子が、放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に出演することが決定した。自身にとっての大河ドラマ初出演にして、クライマックスを迎える物語において、日本経済の要となっている最中の渋沢栄一(吉沢亮)と深く関わり、渋沢家の発展にも一翼を担うことになる重要な人物を演じる。

【写真】泉澤祐希、笠松将ら『青天を衝け』追加キャスト陣

 大島が演じるのは、「伊勢八」の名で知られた豪商・伊藤八兵衛の娘の伊藤兼子(かねこ)。明治維新後、家業が大損失を出して没落してしまう。路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うため、芸者として身を立てることを決意。門を叩いた置き屋で、三味線の師匠として出入りしていたやす(木村佳乃)と出会う。

 初めての大河ドラマ出演に大島は「お話が来たときは、喜びと興奮で、歓声をあげました。しかし、その歓(よろこ)びも束の間、もうゴールが見えてきているではありませんか。この作品を彩ってきたスタッフの皆様、そして出演者の皆様、携わっているすべての方の費やしてきた時間と重みを一身に受け止めて、大切にバトンを握り締めようと心に決めました」と充実感と責任感を背負い、「最後まで、振り落とさずに走り抜けたいと思います。応援のほど、よろしくお願いします」と意気込む。

 ストーリーはラストスパートへ突入。栄一が飛び込んだ商いの世界には、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)が 跋扈(ばっこ)していた。新政府を辞め、実業界の先頭をひた走る栄一。一筋縄ではいかない強力なライバルたちとの戦いの火蓋が切られる。その熾烈(しれつ)な戦いのさなか、家族にも大きな出来事が……。栄一は夫として、父として、家族を守り、未来へとつなげていくことができるのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事