70歳・岩城滉一、財産残さない持論 稼いだお金は「使い切った方がいい」豪快に遊ぶ今
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の岩城滉一(70)が18日、都内で行われた、スカパー!で25日より配信スタートのバラエティー番組『「岩城滉一Bike Style Life 51 SENSE ~」シーズン2』の取材会に登場した。

【写真】70歳に見えない!愛用バイクに乗る岩城滉一

 同番組は、岩城のハイセンスなバイクカスタムへの密着やゲストとのツーリングや対談コーナーなど充実した内容で、岩城滉一の“SENSE”の極みを余すところなく伝える番組。シーズン2では、岩城の愛する北海道へのツーリングにはじまり、バイク仲間たちも続々と出演する。

 番組の第1話では、早朝5時に東京から出発し、一日で青森までバイク旅をした70歳の岩城。今でも車をカスタマイズしたり、ツーリングを楽しむが、豪快に遊び続ける理由について「今はお金を貯めて、財産を残したって、残った人間が殺し合いをするような世の中。(自分で)稼いだ金は、『金は残すな、自分で使え』と雑誌の表紙になっていましたが、自分の(生きている)時代にお金は使い切った方がいい。残して、ロクなことはない」と持論を展開した。

 そんな生き方・行動力に番組の監修を務めているマッコイ斉藤氏は「元気すぎます!」と爆笑するが、岩城は「70歳は年(寄り)じゃない! 還暦を迎えた時に、朝起きて一番最初に思ったことが『何が変わったんだろう?』と、何も変わっていないなと思いました」と説明。

 「レースもやっていて、タイムも落ちているわけではない。車の性能が良くなっていくわけだから、タイムがどんどん上がって行く。なので自分の中で(体力が)落ちているという実感がない」と打ち明けながらも、「(最近、肺炎になって)さすがに70歳は(体に)くるな~と思っていますが、息苦しさは以前よりありますが、それが生活に影響を与え、困ったこともない。たばこも昔から何箱も吸っている」と伝えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事