生田斗真&滝沢カレン“ユニセックス”コーディネートで共演「緊張でドキドキ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の生田斗真が、28日発売のファッション雑誌『Oggi』(小学館刊)に登場する。11月19日公開の映画『土竜の唄 FINAL』で初共演する専属モデル・滝沢カレンと、男女兼用の「ユニセックス」を着こなす。「中学生の時から憧れの存在だった」という滝沢は、この日の撮影でも「今も隣で、緊張でドキドキします」と、いつもの撮影とは勝手が違った様子をみせていた。

【写真】トレンドのシャツを華麗に披露する滝沢カレン

 ユニセックスは、「ジェンダーレス」が時代のキーワードになるなか、ファッションの世界でも注目のトレンド。男女の性別にとらわれないアイテムは、サイズやデザインに対する既存のルールや思い込みを乗り越え、おしゃれの幅が格段に広がる。

 「ユニセックスなファッションの女性って自分の軸を持っていそうで、かっこいいと思います」という生田。撮影では、ふたりが男女兼用のステンカラーカートを着用。生田は、テーラリングの美しさが光るジャストサイズを選んでクリーンかつ端正に。滝沢は、マニッシュに大きめサイズを選んでゆるっと今どきのスタイルに。プライベートで見せる私服もおしゃれと評判の2人が、さすがの着こなしを披露。

 同じアイテムを男女で楽しむことについて、生田は「ふたりがさりげなくリンクしていて幸せ感があるところが好きです」と、すっかりお気に入り。一方の滝沢も「このコート、すごく好きです! 買っていいですかね…」と、即買いしていた。

 主役を務める生田の体を張った演技が話題の『土竜の唄』シリーズで、滝沢は、謎のフェロモン美女役を演じる。生田は「カレンちゃんは、もう、すっごくかっこよくて魅力的でセクシーでした」と、俳優としての魅力を絶賛。一方、滝沢も「これが本物のオーラなんだ」と生田の存在感に圧倒されたそう。

 撮影では、ほかにもパンツコーデやニットコーデでユニセックスなファッションを楽しんだ2人。秋の装いでシックに魅せるふたりのツーショットに注目。生田が映画で見せるテンションMAXな演技とは、正反対の落ち着いた大人の雰囲気をかもし出している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事