映画『ただ悪より救いたまえ』パク・ジョンミンがトランスジェンダー役で登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 韓国ノワールの傑作と語り継がれる『新しき世界』のコンビ、ファン・ジョンミン、イ・ジョンジェが7年ぶりに共演した映画『ただ悪より救いたまえ』(12月24日公開)より、先日解禁されたポスタービジュアルで使用されたインナム(ファン・ジョンミン)と、鋭い目線を向けるレイ(イ・ジョンジェ)の姿を捉えたメイン写真や、二人が対峙し拳を交えるものなど、場面写真(全8点)が到着した。

【画像】映画『ただ悪より救いたまえ』そのほかの場面写真

 本編の80%以上を日本やタイなど海外で撮影し、韓国ノワールとしてかつてないほどの規模で製作された本作は、『チェイサー』『哀しき獣』などで類まれなるストーリーテリングの腕を知らしめたホン・ウォンチャンが脚本・監督を務めている。

 本作においてインナムとレイの対決の舞台となるタイ・バンコクの街を必死の形相で駆け抜けるインナム。追いかける先にレイがいると思われるが、なぜここまで血眼になっているのか、ただならぬ雰囲気が伝わってくるカットや、二人が初めて対面し狭い廊下でバトルを繰り広げるシーンも。レイの目は獲物を狙うハンターそのもので、睨まれたら恐怖で身動きとれないこと間違いなし。

 先日公開された予告でも大迫力のスケールだった、爆発と銃撃でインナムを追い詰めるレイの姿も。そして今回登場が明らかとなったのが本作のキーパーソンとなるユイ(パク・ジョンミン)。性転換手術のためバンコクに滞在するトランスジェンダーで、高額な報酬の代わりにインナムの手伝いを依頼される異国情緒溢れるシーンカットが公開された。ユイが本作においてどのように活躍するのか、見どころの一つだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事