『アバランチ』綾野剛、主題歌のUVERworldを“援護射撃” アリーナツアー初日に電撃参戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カンテレ・フジテレビ系ドラマ『アバランチ』(毎週月曜 後10:00)の主演を務める綾野剛が26日、主題歌「AVALANCHE」を手がけるロックバンド・UVERworldのアリーナツアー・大阪城ホール公演にサプライズで登場した。

【写真】拳をあわせて共闘を誓う綾野剛&TAKUYA∞

 
 主題歌情報が発表された際、UVERworldのボーカル・TAKUYA∞は「作品にかける熱い思いを感じさせてもらいながら、しっかり援護射撃していきます」とコメントし、綾野は「最後のピースがそろいました。いざ出陣でございます」と応えていた。今回、綾野が“援護射撃”する形で、撮影の合間をぬってライブツアー『UVERworld ARENA LIVE 2021 ~THE DAWN WILL BREAK~』初日に駆けつけた。

 スタートから5曲を歌い終えた後に会場が暗転し、ドラマのオープニング映像が流れると、TAKUYA∞が「このドラマの主題歌を初披露するにあたって、絶対に1回目に聴いてほしいと思ってる人がいるんだよね」と呼び込み、綾野がステージ上に劇中で装着するマスクをつけて登場した。「来てくれたよ!綾野剛!」とコールされ、観客から大きな拍手が送られた。

 ドラマのために書き下ろされた「AVALANCHE」の制作時の思いについて語り、TAKUYA∞が「この曲は(綾野)剛から直接ドラマに対する思いや革新的なことをしていることを事前に聞かされて、こちらは曲の途中経過を聞かせながら完成させた曲。こういうことは、なかなかないよ」と振り返った。綾野は「本当に出来上がったときは興奮しましたし、皆さんにドラマを通して届けられることに心から感謝してます」とメンバーに伝えた。
 
 さらに、綾野が「僕はこの曲を聞いた時、本当に涙が出てきて、特に“Creating new world”という言葉に対して響くものがあって。その心は何なのか、皆さんの前で聞けたらなって」と質問すると、TAKUYA∞は「このドラマは確実に剛が革新的なチャレンジをしていて、それに乗っかる音楽だから俺たちも前衛的な音にもしたし、いわゆるドラマの主題歌ではないようなものにしたいと思っていました。剛との会話のなかで“new world”という言葉が出てきて、そこから“Creating new world”という題材を得て曲を完成させました。なので、一緒に作ったようなもんだから!(笑)」と回答。綾野は謙遜しながら、「今の話を聞くだけですごく感動です」と笑顔を見せた。

 最後に、「今日は(会場の)皆さんにもお会いしたかったですし、UVERworldのメンバーにも感謝を伝えたくて、どうしても来ちゃいました(笑)」と今回の出演の理由を語った綾野。TAKUYA∞が「大好きで大切な仲間、綾野剛にでっかい拍手をよろしく!」と観客に呼びかけると、あらためて会場中から大きな拍手が送られ、綾野は退場。続けざまに、主題歌「AVALANCHE」がフルコーラスで初披露された。

 終演後、TAKUYA∞は「新曲『AVALANCHE』を最高な形で初披露することが出来ました!」と報告し、綾野は「主題歌『AVALANCHE』を最高な形で受け止めることが出来ました。あとは駆け抜けるだけです」と決意を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事