松岡修造が織田信成との名コンビぶり発揮、テニス大坂選手への激励も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元テニスプレイヤーの松岡修造が17日、自身初のDVD付きエクササイズ本の出版を記念して、都内で行われたスペシャルイベントに出席。テレビ朝日系の平昌五輪・パラリンピック放送でタッグを組んだフィギュアスケート解説者・織田信成も加わり、集まったファンとともにエクササイズを実践。“名コンビ”ぶりを発揮し、おおいに会場を盛り上げた。

【ランキング】松岡と織田わワンツー、平昌五輪で良かったキャスターTOP10

 この日は、松岡が2日に刊行したDVD付き書籍『修造テニササイズ with! 君ならできる!Let’sエクササイズ』の出版記念スペシャルイベント。多くのファンが集まったことから、予定の時間より早く“修造隊長”が登場すると、大きな歓声が沸き起こった。

 「できる」と書かれたTシャツ姿の松岡は、「昨日の平昌はマイナス5度、俺はそこから今日ここに来ているから。成田緑夢さん、金メダルおめでとう!」と平昌パラリンピックの感想を語ると、会場からも拍手が。途中から、同じTシャツを身につけた織田信成も登場し、テニササイズの映像に合わせてともに汗を流した。

 エクササイズの後には、松岡と織田によるトークセッションを開催。フィギュアスケートの羽生結弦選手の話題になると、松岡から「表彰式を見ながら泣いていた」と指摘された織田。「日の丸が2つ上がって、胸に手を当てている羽生くんが見えた。羽生くんも宇野くんも自分に勝って、日本の皆さんもおめでとうと言ってくれている。それがうれしかったんです」と、当時の気持ちを振り返った。

 一方松岡は、テニスの大坂なおみ選手が世界ランク1位を破り、BNPパリバ・オープンで女子シングルス決勝に進んだことに言及。「彼女がいいテニスをしたら誰も勝てないから頑張ってほしい。僕は昔から大坂さんは世界一になると思っていた」と、以前から注目していたことを明かした。

 イベント最後には、3月25日に誕生日を迎える織田を祝うケーキが登場。ハッピーバースデーを歌った松岡に、織田は「ケーキもうれしいけど、修造さんの歌に感動してる」と語り、喜びもひとしおの様子。一方、歌を褒められた松岡は、「このテニササイズDVDでもラップをやっている。歌が本当に上手かったら歌手をやっていますけど、下手とか上手いとかは関係ない。僕は応援のためにずっと前からボイストレーニングを受けているんです」と、意外な特技を明かした。

 続いて、松岡からケーキのローソクの消し方について無茶ぶりされた織田は、「修造さんの無茶ぶりはすごい。平昌のときも、僕に『織田の山場はここだ』とばかりにアイコンタクトしてくるんです。修造さんのお相手をできるのは僕しかいない!」と断言。松岡も「織田くんのテンションもすごい。僕はむしろそういう人の心を聞くことのほうが好き」と語り、平昌五輪放送で見せた“名コンビ”ぶりを感じさせるトークを終えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事