アニメ『火ノ丸相撲』10月放送決定 総監督は『DAYS』宇田鋼之介、アニメ制作はGONZO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『火ノ丸相撲』のテレビアニメが10月から放送されることが19日、発表された。ティザービジュアル&PVとスタッフ情報も公開され、総監督は『DAYS』などで知られる宇田鋼之介氏が担当し、アニメーションはGONZOが制作する。

【画像】団体戦優勝を目指す火ノ丸の姿が描かれたコミック第18巻の書影

 同作は、2014年5月から『ジャンプ』で連載スタート。体が小さい高校生・潮火ノ丸が、大太刀(おおだち)高校の弱小相撲部の仲間とともに「日本一」「横綱」を目指し、激闘を繰り広げる物語。現在は火ノ丸が大相撲の世界で戦う姿が描かれている。

 14年の大相撲九州場所では白鵬の取組前に、火ノ丸が描かれた懸賞幕が土俵を回ったことで話題になった。キャストなどの情報は追って発表される。

■スタッフ情報
原作:川田
総監督:宇田鋼之介
監督:山本靖貴
キャラクターデザイン:田中紀衣
アニメーション制作:GONZO
制作:NAS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事