田中圭、男性からの告白経験明かす「寝込みを襲われそうに…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の田中圭が17日、主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(21日スタート、毎週土曜 後11:15)キャスト登壇イベントに出席した。劇中では上司と後輩、二人の男性から想いを寄せられる主人公を演じる田中だが、現実でも「高校時代によく遊んでくださっていたオトコの人が、お兄ちゃんみたいな感じでしょっちゅうつるんでたんですけど、ある時僕に惚れて、寝込みを襲われそうになったことがあります」と衝撃のエピソードを告白した。

【写真】イベントには林遣都&内田理央も登壇

 その際は「必死で戦った」そうで、「その後に、『なんだったの?』って聞いて『好きになっちゃった』と言われたときは普通にびっくりしました」と振り返って、会場をざわつかせた。司会から“はまり役”を指摘されると「結果としてはそうなったのかも…」と、苦笑した。

 同ドラマは女好きだけどモテない33歳の主人公・春田創一(田中)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒沢武蔵(吉田鋼太郎)と、同居している“イケメンドS後輩”牧凌太(林遣都)から告白されたことから始まる新感覚の“純愛”ストーリー。

 この日は出演舞台のけいこのため“ヒロイン”である吉田が欠席となるなか、舞台裏ではルームシェアしている田中と林の仲良しぶりを、共演の内田理央が「付き合ってるんじゃないかという距離感。さっきもここに来るまで、控室で2人で思い出し笑いをしてた」と暴露。「朗らかなだなって影で応援しながら見守ってます」とほほ笑ましい目で明かした。

 実際に最近、キュンとしたことを問われた田中は「遣都くんとカラオケ行って、流れで採点ゲームをしようと…アハハハ」と話している最中に思い出し笑いが止まらなくなってしまい、「やばいですよ」と釣られて笑う林とすっかり2人だけの世界に。思ったより採点が低くて落ち込んだ林を見て田中はキュンとしたそうで「すいません、こんな感じで笑っちゃってたら『付き合ってるの?』と言われたんですけど、キュンキュンさせられてます」と話せば、林は「57点でした…」と恥ずかしそうに報告して、和やかな雰囲気を漂わせていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事