西城秀樹さんが63歳で死去 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」がヒット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、きもと・たつお)さんが16日に死去した。63歳だった。

ヤングマンが大ヒット 西城秀樹さんのプロフィール

 西城さんは、広島県出身。1972年に「恋する季節」で歌手デビュー。翌年には「ちぎれた愛」、その後も「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」をはじめ、「薔薇の鎖」「ギャランドゥ」などの人気曲を歌った。また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ(62)野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。

 48歳だった2003年、56歳だった2011年にも脳梗塞を発症。2度目の脳梗塞では右半身まひという後遺症を負ったが、「ステージに立ち続けたい」という思いから歩行訓練やプールトレーニング、踏み台昇降、サイクリングマシンなどでリハビリに励んできた。

 その後もなかなか、結果に結びつかず、痛みを伴うリハビリに「あまりに痛くて。痛くてね。なんで俺、こんな目に合うんだろうなと…」と弱気になるときもあったが、支えてくれる家族、待っていてくれるファンのため、乗り越えてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事