中川大志主演映画『覚悟はいいかそこの女子。』 連ドラで“エピソード・ゼロ”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の中川大志が主演する映画『覚悟はいいかそこの女子。』(10月12日公開)に先駆けて、6月24日よりMBS/TBSドラマイズム枠で連続ドラマ版が放送されることになった。原作は、『マーガレット』(集英社)で2014年から連載された椎葉ナナ氏による同名漫画。、“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる原作を映像化する映画のエピソード・ゼロともいえる、原作にも描かれていないストーリーで、ドラマを紡いでいく。新たに、中川演じる主人公・古谷斗和(ふるや・とわ)の親友役として、健太郎、甲斐翔真、若林時英の出演も発表された。

【写真】主演の中川大志

 イケメンだけど、ヘタレな男子高校生が、幼なじみの同級生たちと、ひょんなことから学校中のさまざまな恋愛模様に巻き込まれる日々と、難攻不落の美少女を落すために奮闘する姿を描いた痛快青春恋愛コメディー。

 健太郎が演じる新見律(にいみ・りつ)は、斗和の同級生で幼なじみ。データ至上主義でリアル恋愛の経験がない分、やたらとデータで語ろうとする黒縁メガネが特徴的な奥手男子。恋愛とは無縁だった生活から一転、いつの間にか自分も学園内の恋に巻き込まれていく。

 『仮面ライダーエグゼイド』の仮面ライダーパラドクス/パラド役で、主役級の存在感を見せた甲斐が演じる澤田惟智也(さわだ・いちや)は、明るくお調子者でモテることに貪欲な男子。斗和の周りに集まる女子たちをどうにかゲットするために日々奮闘する。

 映画『ソロモンの偽証 前篇・後篇』、『友罪』などに出演する若林が演じる久瀬龍生(くぜ りゅうせい)は、ドラマ・映画版オリジナルのキャラクター。いじられキャラで仲間たちに愛されているが、マイナス思考で、「不吉なこと」を見つけるとつい物事を悪い方向に考えてしまう。いつも女子に囲まれている斗和をうらやましく思い、彼女がほしいと思っているが、なかなか恋に踏み出せないでいた。

 ドラマは全5話、各話ごとにゲストが登場し、主人公をはじめとするヘタレ男子たちが、学園中で巻き起こるさまざまな恋に巻き込まれていく。はたして、非リア充のヘタレ男子たちは、彼女をゲットできるのか。

 健太郎は「『仲の良い4人組の空気を大事にしよう』と監督とも相談したのですが、実際に皆とても仲が良く、常に笑っている楽しい現場でした。それがお芝居にも反映できたのが良かったです。ドラマを観てから映画を観ると更に楽しめると思うので、ぜひ両方ご覧ください!」と呼びかけている。

■放送情報
ドラマイズム『覚悟はいいかそこの女子。』
MBS:6月24日スタート、毎週日曜 深0:50(※初回は深2:10~)
TBS:6月26日スタート、毎週火曜 深1:28(※初回は深1:35~)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事