松山千春、16日の公演中止を発表 開催日は猛暑・雷雨など悪天候が予想「安全を考慮」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォークシンガー・松山千春(62)が12日、公式サイトなどを通じて16日に東京・日比谷野外音楽堂で開催予定だったFM NACK5 30th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE アサヒ緑健presents『松山千春 ON THE RADIO in 野音』の中止を発表した。

松山千春のプロフィール

 サイトでは「この度の、西日本豪雨災害で甚大な被害を被った被災地の皆様には、心からお見舞い申し上げます」とし、公演中止の理由について「このような異常気象が続く中、開催予定日は全国的に猛暑とゲリラ雷雨等が予想され厳重な警戒が呼びかけられています。お客様・関係スタッフ・出演者全ての身の安全・体調を考慮して、関係各所で検討した結果、苦渋の判断ではあります」と説明した。

 チケットの払い戻しについては「現在調整中」とし「公演を楽しみにして頂いたお客様には多大なご迷惑をおかけ致します事を心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事