【オリコン】三宅健と滝沢秀明の新ユニット・KEN☆Tackey、デビュー作が初登場首位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三宅健と滝沢秀明による新ユニット・KEN☆Tackeyのデビューシングル「逆転ラバーズ」(7月18日発売)が、発売初週に10.4万枚を売り上げ、7/30付オリコン週間シングルランキング(集計期間:7月16日~7月22日)で初登場1位を獲得した。

【写真】三宅健&滝沢秀明・KEN☆Tackeyが表紙の『TVガイドPERSON』

 KEN☆Tackeyは、滝沢が座長を務め、2006年に立ち上がったミュージカル『滝沢歌舞伎』に、三宅健が2016年から3年連続で出演したことをきっかけに結成。「逆転ラバーズ」は、2人が出演する『ケンタッキーフライドチキン』のCMソングにも起用されており、サビの歌詞がユニット名に聞こえること、またミュージックビデオでのジャニーズJr.を率いた総勢18名でのダンスパフォーマンスやグループ名にちなんだニワトリのとさかをモチーフにした振りなども話題の作品。

 なお、通常盤のみ収録のカップリング曲「LOVE」は、三宅が『滝沢歌舞伎』に初めて出演した年から舞台上で披露されていた楽曲で、滝沢秀明が作曲、三宅健が作詞を担当。初のCD化となる今回、三宅が同舞台での3年間の想いを基に歌詞の一部を書き換えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事