嵐・相葉雅紀、甲子園は地元・千葉に注目「上位に行ってくれたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・嵐の相葉雅紀がコカ・コーラSUMMER SPECIAL『熱闘甲子園』THELIVE 体感STAGE2018に登壇した。『熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター』を務める相葉は毎年春・夏に甲子園で高校野球を観戦してきたといい、「基本的には球児が好きなので全部の県を応援したいけど、地元が千葉なので千葉の2校(木更津総合と中央学院)が上位に行ってくれたらと心の中で思ってます」と注目校を紹介した。

 「現場で観てても、負けているチームをなぜだか応援してる自分がいる」と話す相葉だが、ナビゲーターとしては「球場の流れとか目をこらさないと観られないところに注目して、お伝えしていけたら」と全力投球を誓った。

 『熱闘甲子園』テーマソングでもある嵐の新曲「夏疾風」では甲子園球場でMV(ミュージックビデオ)が撮影されたが「野球をやる場所だし神聖な場所なので恐縮したし、いいのかなという感じもありながら、特別でしたね。不思議な気持ちでした」としみじみ。“砂”は持ち帰っていないそうで「泥棒になっちゃうので。砂は持ち帰っていないです」と苦笑していた。

 この日はABC・テレビ朝日系『熱闘甲子園』キャスターの古田敦也、ヒロド歩美アナウンサーのトークショー中に相葉がサプライズで登場。会場にいた少年・少女野球の子どもたちは大興奮で歓声を送ると、古田は思わず「みんな話聴いて~」と圧倒されるほどの熱狂ぶり。子どもたちに囲まれての写真撮影前には、ハイタッチに応じるなど終始、笑顔にあふれていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事