けやき坂46、『まどマギ』魔法少女として“願いごと”「笑顔を届けられる存在に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46の後輩グループ・けやき坂46の柿崎芽実、丹生明里、金村美玖、加藤史帆、渡邉美穂、齊藤京子が24日、東京・TBS赤坂ACTシアターで行われた、舞台『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の囲み取材に出席。アニメの内容にちなみ“かなえたい願い事”などを語った。

【個別ショット】『まどマギ』魔法少女に扮したけやき坂46

 同舞台は、スマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』が原作で、新興都市・神浜市に各地から魔法少女たちが集結する「メインストーリー」が主軸。願いごとの成就と引き換えに、世界を脅かす魔女と戦う魔法少女・鹿目まどかたちの過酷な戦いを描いた人気アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』の世界観で展開される。

 『魔法少女まどか☆マギカ』では、キュゥべえというキャラクターが、魔法少女になる素質がある少女の願いをかなえ、代わりに少女は“契約”を結び魔女と呼ばれる異形の存在と戦う使命を与えられる。

 同舞台で魔法少女となったため「どんな願いをかなえたいか」と質問されると、鹿目まどか役の丹生は「私の将来の夢が人を幸せにしたいということなので、たくさんの人に『笑顔を届けられる存在になる!』という願いをしたいです」と、原作同様「誰かのための願い」と回答。

 佐倉杏子役の齊藤は「ラーメンがすごく好きで、今でも食べたいと思っています。食べたいと思った時に、指で『シュッ!』とやったらそこに出てくる魔法が使えたらいいな」、美樹さやか役の金村美玖は「食べることが大好きなので、上限のない胃袋がほしい。いくら食べてもおいしく感じられる胃袋がほしいです」、巴マミ役の加藤史帆も「お風呂上がりにドライヤーをするのが苦手。代謝がいいので、汗をかいてしまう。ヒュッとやったらパッと乾く魔法がほしいです」と、それぞれ個性を感じる願いを明かした。

 舞台に出演するメンバー10人は今作の舞台で初めて殺陣シーンに挑戦するそうで、深月フェリシア役の渡邉は「殺陣の先生に“やられの美学”というものを教わりました」と告白。「攻撃を受けた時にやられるコツやポイントを教わったのですが、休憩の合間や日常生活でも結構『うっ!』とか、やられるふりをみんなでやっていて、すごく楽しかった。それが劇中でも活かされているので、注目してくれたらいいなと思います」と、けいこで学んだことが日常生活にまで影響を与えたことを伝えた。

 最後に環いろは役の柿崎は「メンバー10人とも人気があるキャラクターに扮することは初めての経験。満足していただける舞台になっているので、ゲームファン、ミュージカルファンのみなさまにも観ていただきたいです」と呼びかけた。

 この日は、佐々木美玲、富田鈴花、潮紗理菜、河田陽菜も出席。舞台は24日から9月9日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演される。

■出演キャスト
環いろは役:柿崎芽実
七海やちよ役:佐々木美玲
由比鶴乃役:富田鈴花
二葉さな役:潮紗理菜
深月フェリシア役:渡邉美穂
鹿目まどか役:丹生明里
暁美ほむら役:河田陽菜
佐倉杏子役:齊藤京子
美樹さやか役:金村美玖
巴マミ役:加藤史帆

(C)マギアレコード/舞台「マギアレコード」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事