【upcoming】『刀剣乱舞』俳優のデビュー作など 9/3付週間ランキング『コンフィデンス』編集部ピックアップ6作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新9/3付オリコン週間ランキングから、TOP20位圏内には入らなかったものの、CDセールスやデジタル配信で注目すべきチャートアクションを見せた作品を、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』編集部のメンバー6名が各目線でピックアップ。これから注目すべきアーティスト、話題作の動向を紹介する。

【シングル1位…】Hey! Say! JUMP、23作連続シングル首位を記録

◆Lenny code fiction「Make my story」/シングル58位

アッパーサウンドとサビの心地よさ

 “新世代のスタンダードロック”を謳う男性4人組ロックバンド・Lenny code fictionの4thシングル「Make my story」が、週間シングルランキング58位にランクイン。16年8月にメジャーデビュー後、これまでにシングル3作をリリース。それぞれテレビアニメのオープニングテーマとなり、持ち味の疾走感あふれるアッパーサウンドでファンを拡大してきた。約1年半ぶりの新作は、印象的なリフと力強いリズム、サビの広がり感が、音の分厚さと合わさって心地よい1曲。人気テレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』オープニングテーマに起用されており、ステップアップへの期待がかかる。

◆SUNNY CAR WASH「ムーンスキップ」/シングル74位

2作&2ヶ月連続TOP100入り

 スリーピースバンド・SUNNY CAR WASHの2ヶ月連続リリース企画の第2弾で、彼らの2ndシングルにあたる「ムーンスキップ」が、週間シングルランキング74位にランクイン。前作「ティーンエイジブルース」(最高49位)に続き、2作&2ヶ月連続でTOP100入りした。上記2作はメンバー全員が1997年生まれということにちなみ“1997枚限定”で発売。ともにシンプルなサウンドながら初期衝動そのままに紡がれたリリックが印象的。「ムーンスキップ」はアッパーなロックチューン。日常にある“一瞬の焦燥”はこの世代だけのもの。刹那的ではあるがそれゆえに胸に響く。

◆LACCO TOWER『若葉ノ頃』/アルバム30位

色とりどりのサウンドと歌詞で前進

 LACCO TOWERのアルバム『若葉ノ頃』が、週間アルバムランキング30位に初登場。復活したロック名門レーベル「TRIAD」の新人第1弾アーティストとして15年6月にアルバム『非幸福論』でデビュー。確かな演奏力と独創的な楽曲で、人気を獲得してきた。本作について松川ケイスケは「前作『遥』が新たな旅立ちなら、今作は成長期」とコメントしている。切ない歌詞とメロディーで聴かせる「最果(さいはて)」、感情むき出しの「蜜柑(みかん)」、美しいピアノの旋律が心地よい「雨後晴」など、叙情的な歌詞と色とりどりのサウンドは、新たな可能性を感じる期待の1枚。

◆ラックライフ『Dear Days』/アルバム40位

本間昭光氏アレンジのリード曲「走って」の華やかさが光る1枚

 バンド結成から10年、メジャーデビューから2年というキャリアを持つ、4ピースギターロックバンド・ラックライフが2ndメジャーアルバム『Dear days』をリリース。週間アルバムランキング40位にランクインした。14曲が収められたこのアルバムのなかで、特に注目なのは1曲目に収録されているリード曲「走って」だ。作詞作曲は他の曲同様、Vo&GのPONだが、編曲を本間昭光氏が担当したことで、単なるバンドサウンドを超えた華やかでポップな仕上がりに。LINE MUSICでキャンペーンを実施するほど、若者を意識したアプローチを行う本作にはピッタリの1曲だろう。

◆The Super Ball『Out Of Bounds』/アルバム47位

ハーモニーに磨きがかかった2ndアルバム

 佐々木陽吾と吉田理幹によるボーカルユニット・The Super Ballの2ndアルバム『Out Of Bounds』が、1stを上回る初週売上1401枚を記録し、週間アルバムランキング47位に初登場した。16年7月にデビュー。佐々木は聴く者を優しく包み込む温かな歌声、一方の吉田は、透き通るようなハイトーンボイスが持ち味で、歌声を重ねることで見事なハーモニーを醸し出している。共に現在27歳、魅力的な歌声に加え180cm以上の高身長、甘いルックスも彼らの武器だ。本作はすべて2人が作詞作曲を手がけたナンバーで構成。特にM3「ラブソング」は、今の彼らが感じられる1曲に仕上がっている。

◆伊万里有『My Name is…』/アルバム52位

UTA&SUNNY BOYのサウンドに、見事なボーカル&ラップを披露

 ミュージカル『刀剣乱舞』や、人気劇団「劇団鹿殺し」のロングスタイル歌劇『俺の骨をあげる』などに出演している俳優、伊万里有の1stアルバムが、週間ランキング52位にランクインした。日本はもちろん、韓国のトップアーティストたちの作品も数多く手がける、今をときめく超人気クリエーター・UTA&SUNNY BOYが生み出すR&Bサウンドに乗せ、見事なボーカル&ラップを披露する。身長186cm、端正なルックスが魅力のスポーツマンでもある伊万里。CDだけでなく、パフォーマンスしている姿もぜひ観てみたい。そんな期待が膨らむニュータイプのアーティストだ。

(『コンフィデンス』 18年9月3日号掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事