ジャニーズWEST・小瀧望、相葉雅紀とドラマ初共演 『僕とシッポと神楽坂』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(10月スタート、毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に、趣里と小瀧望(ジャニーズWEST)がレギュラー出演することが発表された。2人とも相葉とはドラマ初共演。趣里は相葉に思いを寄せる芸者に、小瀧は若き獣医大生を演じる。

【写真】看護師・加瀬トキワ役で出演する広末涼子

 相葉は趣里について「すごく線が細いのに、力強くて迫力があるんですよ!」とびっくりした印象を語る。後輩である小瀧についても「嵐とも一緒にイベントをやったり、と全然知らない仲ではなかったのですが、こうしてドラマでご一緒できるのはまた新鮮です。いい意味でフラットな気持ちで共演できています!」と話している。

 同ドラマは、『月刊officeYOU』(集英社クリエイティブ)で現在も続編が連載中のたらさわみち氏の同名漫画が原作。東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いたハートフルな物語。

 相葉が演じる達也は、神楽坂にある「坂の上動物病院」の獣医師。勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、徳丸先生という獣医師のもとで働こうとしていたところ、突然徳丸先生は達也に病院を任せ、姿を消してしまう。戸惑いながらも獣医師として奮闘を続けていく達也は、やがて「コオ先生」と呼ばれ、動物たちを通して地域の人々と交流を深めていくことになる。

 『トットちゃん!』(テレビ朝日)や『ブラックペアン』(TBS)など、話題の連続ドラマに多数出演し、強い存在感を見せつけてきた趣里が、今作では神楽坂の芸者・すず芽という役どころに挑戦。達也の母・貴子に三味線の稽古をしてもらうため、昼夜問わず達也の実家に出入り、幼い頃から達也に好意を寄せているという役どころ。

 三味線と日本舞踊の稽古を積んでから撮影に入ったという趣里。「相葉さんとは今作で初めてお会いしたのですが、とても優しくて、動物とも上手にコミュニケーションをとっていらっしゃって、抱いていたイメージそのままの方でした! 相葉さんが現場に来ると、すごくふんわりした柔らかい空気になるんですよ。以前に二宮和也さんと共演させていただいたのですが、そんなお話もしながら、とても気さくに接してくださいました」と、コメント

 趣里曰く「猪突猛進タイプ女性」すず芽は、多国籍なお弁当を作っては差し入れをするなど、まっすぐに達也に向かっていく。「坂の上動物病院」に看護師として現れた加瀬トキワ(広末涼子)に対しては、一方的にライバル視しているようで…。「そんな相葉さん演じるコオ先生=達也さんをめぐる、トキワさんとの恋の攻防戦も…(笑)。猪突猛進のすず芽らしく、まっすぐに達也さんに突進していく姿を楽しんでください。ドラマでこんなに大きな声を出したのは初めてだというくらい、テンション高く演じています(笑)」と、話している。

 一方、同局のドラマ初出演の小瀧が演じるのは、獣医大の学生・堀川広樹。若くやる気に満ち溢れた青年で、「ナルタウン動物病院」に研修医としてやってくる。やる気と優秀さが前面に出過ぎるあまり、人の話をさえぎる傾向があるという、個性的なキャラクターを「なんかウザいんですけど、憎めないウザさ…。そういったあたりを意識して演じています」(小瀧)。

 相葉との共演について「先輩である相葉くんの背中を見ながらお芝居ができるというワクワク感も抱いています。以前にCMでご一緒して以来、約2年ぶりなのですが、今回の現場は相葉くんがいることによってすごく温かい空気が作り出されてて、とても穏やかな気持ちになれるんです。現場でも相葉くんは他愛もない話を振ってくれたりして、僕の緊張感をほぐしてくれています」と、舞台裏の様子を明かす。

 さらに、注目してもらいたい点として「僕の手術着姿です(笑)。衣装合わせのときは、コオ先生やトキワさんと同じスタイルだったのですが、本番になったら僕だけ帽子がシャワーキャップみたいなのに変わってて…! コオ先生たちがビシッと決めている中に、やる気だけはあるシャワーキャップ男が混ざっていますので、そこにもご注目ください!」とアピールしていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事