平手友梨奈、ステージ落下後初イベントで笑顔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈(17)が10日、都内で行われた初主演映画『響 -HIBIKI-』(9月14日公開)の学生限定公開直前イベントに登壇した。今月5日、千葉・幕張メッセで行われた全国アリーナツアーの千秋楽でステージ上から転落し、ライブ中に搬送された病院で軽い打撲と診断を受けた平手は、けがに言及することはなかったが、同世代の学生役140人を前に、終始柔和な笑顔をみせた。

 同映画は、『マンガ大賞2017』で大賞を受賞した柳本光晴氏の人気漫画『響~小説家になる方法~』を実写化。平手は映画デビュー作品にして初主演に抜てきされ、処女作が直木賞&芥川賞でWノミネートという歴史的快挙を成し遂げる15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じている。

 イベントには共演者のアヤカ・ウィルソン(21)、板垣瑞生(17)、笠松将(25)も登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事