山崎賢人、『グッド・ドクター』撮了「俳優という仕事をやっていて本当に良かった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優・山崎賢人が13日最終回を迎えるフジテレビ系木曜劇場『グッド・ドクター』(後10:00)をクランクアップさせた。自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の主人公・新堂湊という難役を演じきった山崎は「みなさんに甘えてしまう部分もたくさんあったのですが…新堂湊という役をやれて本当に良かったです。今は、さみしいですけど…また、いつかこのチームで一緒にできればな、と思います」と再会の日を約束した。

【写真】藤木直人も笑顔でクランクアップ

 同ドラマは幼い頃から小児外科医になることが夢見ていた湊が、ある日、レジデントとして小児外科の世界に飛び込むことに。周りの偏見や反発にさらされながらも、同じ小児外科の瀬戸夏美(上野樹里)や高山誠司(藤木直人)らとともに、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、情感豊かに描いていく。

 今回、初の医師役を務めた山崎は綿密にリハーサルを重ね、実際に都内の病院を訪れ小児外科を見学するなど、入念な役作りを実行。撮影中も医療監修の先生たちからの助言も仰ぎながら、新堂湊という人物を作り上げてきた。

 湊が勤める東郷記念病院・廊下のシーンで最後のカットを撮り終えると、山崎に対しスタッフから盛大な拍手が。演出の金井紘から花束を受け取った山崎は「とても大好きなチームで、この作品をやることができて、すごく楽しかったです。そして見ている方に、これほどメッセージを伝えられる作品に出させていただいて、俳優という仕事をやっていて本当に良かったな、と思います」としみじみ。最後には「本当に、本当にありがとうございました!」と感謝を込めて、スタッフと感無量の笑顔でグータッチしていた。

 同ドラマは初回から『木曜劇場』として『営業部長 吉良奈津子』(2016年)以来の2桁となる11.5%を獲得(視聴率はいずれも関東地区 ビデオリサーチ社調べ)し、これまで好調を維持。また、フジテレビが運営する動画配信サービスのFODの見逃し配信では、同局ドラマ初回における最高視聴数を記録。9月11日までの再生数はトータルで700万を超えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事