キスマイ、新曲MVで“高速シャッフルダンス” 玉森裕太「一生懸命練習しました!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気グループ・Kis-My-Ft2の新曲「君、僕。」(10月3日発売)で、『初回盤A』に収録されるミュージックビデオ(以下、MV)が12日、YouTube及びオフィシャルサイトにて解禁された。

【動画】キスマイ、高速シャッフルダンス披露

 初の5大ドームツアーでは会場を白一色のペンライトに染めたキスマイ。次なるステージとなる新曲ではそんな白いくアンバスから今度はメンバーがそれぞれのカラーが溢れ出していくという展開に。7人の個性(色)が集まってこそ、美しく、そして大きな虹は生まれるはず…そんなメッセージが込められた作品だ。

 MVでは「真っ白」にこだわった世界が繰り広げられており、セットは、白い建物が美しいことで世界的にも有名な、エーゲ海に囲まれた島・ギリシャのサントリーニ島をイメージ。白衣装に身を包んだ7人が、ミュージカル風のストーリーダンスを繰り広げながら音楽と共にメンバーのカラーが一色ずつ足され、最後は七色の虹が完成するという内容になっている。

 なかでも注目すべきは、間奏部分の目を見張るような高速パフォーマンス。メンバーが「キッステップ(Kis-Tep)」と名付けたステップダンスは最近、動画アプリなどで若者の間でも流行となっているシャッフルダンスを、キスマイ流にアレンジした、高速シャッフルダンス。通常は足メインのダンスだが、7色の傘を使った鮮やかなパフォーマンスに仕上がった。また“キューティー”な「指ダンス(フィンガータット)」も披露したりと、見応えのある映像となっている。

 また「キッステップ(Kis-Tep)」の踊り方は、『初回盤A』特典映像でメンバーが詳しくレクチャー。ダンスだけにとどまらず、歌詞の中にメンバーカラーの七色が散りばめられていることが、ファンの間でもすでに話題に。例えば黄色い地下鉄(玉森裕太)、真っ赤に彩色づいて(北山宏光)、澄みわたる空は水色の背景(千賀健永)、暮れゆくパープルの街並み(宮田俊哉)、グリーンの街路樹(二階堂高嗣)、ピンクのリングケース(藤ヶ谷太輔)、オレンジのタワー(横尾渉)など歌詞部分がソロパートとなっており、シングルリード曲でメンバー全員のソロパートがあるのは、デビュー7周年を迎えた、今作22作目で初めての試みとなっている。

■メンバーコメント

北山宏光
「キスマイとして今までありそうでなかった曲で、爽やかな作品になったと思います。撮影もあっという間で楽しかったです」

玉森裕太
「間奏のダンス『キッステップ(Kis-Tep)』がとにかく難しかったですが、メンバーみんなで合わせて一生懸命練習しました!今回の見所でもあるので、たくさんの方に観ていただきたいです」

千賀健永
「キスマイのメンバーカラーで彩られた大階段がすごく綺麗でした。王道のアイドルの気分で撮影ができました」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事