『和風総本家』辛口司会の増田アナが卒業 10月からリニューアル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビ大阪制作、テレビ東京系で放送中の『和風総本家』(毎週木曜 後9:00)が、2008年4月の放送開始から10年の節目を機に、10月から大幅にリニューアルされることに。現行の『和風総本家』としては、20日に放送される『和風総本家 最終回2時間スペシャル ~ニッポンに住みたい!&その節はお世話になりました~』(後7:58~9:48)が最終回となる。そして、この回をもって、司会を務めた増田和也アナウンサーも卒業することになった。

【写真】テレ東の改編説明会に出席した唐沢寿明、鷲見玲奈アナ

 番組は、「ニッポンっていいな」をテーマに、日本の素晴らしさを再発見するバラエティー。最終回では、レギュラーの萬田久子、東貴博、増田アナの3人が、番組でお世話になった人たちを訪ねるロケを敢行。番組の最後にはいつも収録場所としていた東京・築地の料亭「つきじ治作」へ。

 そこで増田アナの口から「10年育てていただいた和風総本家を卒業することになりました…」と告げられ、驚く萬田と東。増田アナは感謝のことばとともに、「今日も萬田さんと東さんとロケをしているのが楽しくてこのロケが終わらなきゃいいな、治作に着かなければいいなと思っていました」と、別れを惜しんだ。

 増田アナの感謝の気持ちはこれだけではない。番組当初からレギュラーとして共に番組を支えながら6年前に亡くなられた地井武男さんへの想い。さらに先月亡くなった、ナレーターの麻生美代子さんへの想いも。さらに最後に1通の手紙が紹介され、その内容に辛口司会として愛されてきた増田アナが号泣。そして萬田、東の2人も…。この模様は最終回2時間スペシャルで放送される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事