椿鬼奴、念願のCDデビューに思わず感涙 家族やファンの温かさに「すごくうれしかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑いタレント・椿鬼奴(46)が12日、都内でデビューアルバム『IVKI』(イブキ)の発売記念イベントを開催。イベントの終盤には思わず感涙する一幕があった。

 ソロデビューアルバム『IVKI』は椿、シンガー・ソングライターの堂島孝平、天津向が作り上げた「仮想アニメ『超空のギンガイアン』の劇中歌集」がコンセプト。『超空のギンガイアン』のイメージイラストはアニメーター/イラストレーター・すしお氏が描き下ろした。椿は同アニメで、息吹・レッドスターの声優も担当している(設定)。

 アーティスト写真、ジャケット写真は写真家の篠山紀信氏の撮り下ろし。完成したポスターを見た際の感想は「誰っと思ったら私だった」という。「5キロ落とした」そうで夫・グランジの大も協力し、ダイエットに励んだという。そのほか、リンパマッサージなどに取り組み「現代の技術の粋を結集した」と力強く語っていた。

 同アルバムはお笑いタレント・藤井隆主宰の音楽レーベル「SLENDERIE RECORD」からリリースされた。鬼奴、藤井、レイザーラモンRGの3人の「音楽で食べていけたらいいね」という宿願を藤井が実現させたもので、ついに長年の夢がかなった。

 2曲を歌い上げると鬼奴は会場に詰めかけたファンの数に思わず落涙。母、夫、たくさんのファンに囲まれ、その温かさが胸に来たという。「リリースイベントは初めてで、すごくうれしかった。きょうは、どれくらいの方が集まってくれるのかわからなかったけど(ステージに)出てきて感動しました」としみじみ。盟友である森三中・黒沢かずこもお忍び&サプライズで会場を訪れていたという。「全然、言ってなかったのに」と黒沢の優しさにも涙が止まらなかった。

 囲み取材であらためて問われると「どれぐらい来てくださるか不安だったのに4階まで来てくれた。それ見たらジーンと来て」と回想。これまではピン芸人でネタが滑っても全て自分のせいで被害を受けるのも自分だけ。一方で『IVKI』は「本当にたくさんの方に関わっていただけた。芸人では、こういうことをやったことがない。責任を初めて感じた」とプレッシャーだったことも振り返っていた。

 歌手としての目標は「歌番組に出ること。紅白」ときっぱり。歌唱力には定評があるだけに注目度が高まれば、その夢も実現するかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事