北村一輝「怖いの嫌い」 齊藤工監督ホラー作で主演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の北村一輝が18日、世界有数のケーブルテレビ放送局『HBO Asia』のオリジナルホラー作品集『フォークロア』のプロモーションのため、シンガポールを訪れた。同企画内で齊藤工がメガホンをとった『TATAMI』で主演を務めた。

【写真】韓国女優イ・チェヨンらも同席した

 『フォークロア』は、参加各国に古くから伝わる怪談話を現代風にアレンジし、その国々特有の社会の闇を描きながら、文化を超えて多くの人が共感できるテーマを表現していく。アジア各国で活躍する気鋭の映画監督たちが各エピソードを指揮し、そのストーリーの舞台となる国の母国語で撮影された。

 齊藤監督の『TATAMI』は、殺人事件を追うジャーナリスト・岸真(北村)が主人公。父親の葬儀のため実家に戻ると、過去のフラッシュバックに襲われ始める。そして実家にある「秘密の扉」から続く部屋で、家族の過去に隠された驚愕の真実が明かされていく。

 アジア各国から記者が集まった会見で北村は「怖いのは嫌いなんですよ」と明かし「撮影のあとはものすごい量の塩を撒いて家に帰っていました」と笑いを誘う一幕も。そのほか、女優のイ・チェヨン、ペネック・ラタナルアン監督、イ・サンウ監督も同席した。

 同作品は、スペイン・バルセロナで開催される『シッチェス・カタロニア国際映画祭』で上映が決定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事