ドラマ『サイレント・ヴォイス』栗山千明の相棒役に白洲迅 第1話に『刀剣乱舞』の佐伯大地
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の栗山千明が主演するBSテレ東のオリジナルドラマ『サイレント・ヴォイス行動心理捜査官・楯岡絵麻』(10月6日スタート、毎週土曜 後9:00)に、白洲迅と宇梶剛士が出演することが発表された。

【写真】メインキャストのソロカット

 マイクロジェスチャーと呼ばれる一瞬のかすかな身振りや表情を読み取り、「被疑者の嘘を見破る」取調官・楯岡絵麻(栗山)の活躍を描く同ドラマは、『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』のように犯人割れスタイルによる、登場人物同士のヒリヒリするやり取りが見どころのサスペンス。

 白洲が演じるのは、絵麻の相棒となる西野圭介。これまでも数々の刑事役を演じてきた白洲だが、「今回はコメディー的役回りも多く、いろんな表情が要求されるので、顔の筋肉を総動員して、全力でやっています(笑)。絵麻さんと良い凸凹コンビになれたらと思います。とは言え、西野も捜査一課に配属されるくらいの刑事ではあるので、締めるところは締めて、やっていきたいと思います」と意気込み。

 「マイクロジェスチャーをどういう芝居、撮り方で表現していくのかはとても楽しみです。行動心理学を軸に事件がひも解かれていきますが、普段使えるようなものから、知ってしまうとちょっと怖いような心理学もあったり、楽しんでいただけると思います。視聴者の皆さんもぜひ、犯人の心理を読みながら、事件を推理してみてください。絵麻さんと西野のなかなか噛み合わないやり取りにも、ちょっとクスッとしてもらえたらうれしいです!」と、見どころを挙げている。

 一方、宇梶が演じるのは、絵麻の上司・筒井道大。「主演の栗山さんとは今年6月『銀河鉄道999』(BSスカパー)で初めて共演して、今回またご一緒できるという事で、心躍る思いです。刑事役はこれまでも何度か演じていますが、細かいところよりもはっきりと見えているものを意識して演じられたらと思います。台本を読んだ時、このドラマ、本当に面白いと思いました(笑)。皆さんにも、被疑者の嘘を見破れるかどうか、ぜひ楽しんでもらいたいですね」と、コメントを寄せている。

 絵麻に容赦なく追い詰められる第1話の被疑者ゲストは、2.5次元作品、ミュージカル『刀剣乱舞』での演技で注目された若手俳優の佐伯大地。ネットカフェ難民の崎田博史役を演じる。さらに、映画・ドラマに欠かせない名バイプレイヤーの津田寛治、華のあるミュージカルスターから映画・ドラマでさまざまなタイプの女性を演じる堀内敬子なども被疑者として登場する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事