ももクロがミュージカル初挑戦「苦戦しながら頑張ります」 百田はフライングも披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・ももいろクローバーZが23日、千葉・舞浜アンフィシアターで主演ミュージカル『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』(9月24日~10月8日)の公開舞台けいこを行った。

【写真】『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』公開舞台けいこ&会見フォト

 5月にデビュー10周年を迎えたももクロの楽曲をふんだんに織り込んだ“ジュークボックス・ミュージカル”。ももクロが主演を務めた映画&舞台『幕が上がる』(2015年)を手がけた本広克行氏と3年ぶりに再タッグを組む。

 メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏は、ダンス部に所属する高校生役。大会に向けて毎日練習に励み、いよいよ翌日に大会を控えた彼女たちは、部活の帰り道に交差点で暴走した車にはねられてしまう。この世にさまざまな想いを残した彼女たち。転生する魂。それぞれの想いが一つになった時、奇跡は起こるのか――。回転するステージや百田のフライングなども見どころとなる。

 公開舞台けいこ前に行われた会見で百田は「(会見の)ステージに来るまでのエレベーターの中でも、ギリギリまでダメ出しされていました」と笑いつつも、「たくさんのお客様に楽しんでもらえるよう、ステキな作品になるよう、キャスト&スタッフ全力で力を合わせて頑張ります」と意気込む。

 玉井は「3年前、『幕が上がる』という舞台で本広監督とご一緒して、3年ぶりの舞台はミュージカル初挑戦です。ミュージカルは歌が大事ですが、私たち10年やってるんですが歌が得意ではないので(笑) 苦戦しながら精一杯頑張ります」と約束。高城は「わからないことばかりで緊張しますが、物語が奥深くて、観てくださった方にプラスになるものを感じ取っていただけると思います」、佐々木は「ももクロらしい部分と、全然いつもと違うももクロも観れると思うし、自分でも楽しいです。観ていただいた皆さんの日々が次の日から充実したらいいなと思います」と話した。

 ももクロの楽曲を役として歌うことについては、「普段のライブで披露するのとは全く違います。お芝居の中に組み込まれていると感じ方が変わるので、楽しんでもらいたいです」(百田)、「ストーリー上で歌うので新たな発見があり、歌詞の意味も違うので、難しいけど楽しいです」(玉井)、「ライブとは違って、ストーリーもあって新たな発見があります。歌詞の意味も違う方向から感じることができるので、違うももクロを見れると思います」(高城)、「ライブでの自分のパートと違う部分を歌うので、違うように感じることができると思います。3年前の『幕が上がる』を彷彿させる役なのでうれしいです」とそれぞれ語った。

 共演者にとっても新鮮な舞台になるといい、執事・坂上役の妃海風は「ミュージカルは何度か経験がありますが、今回初のことも多く、円形の舞台だったり仕掛けも多く、アトラクション感覚です。ライブ感覚で楽しめる興奮する舞台になると思いますので、みんなで汗かいて楽しめたらと思います」とコメント。「最初に振り付けをいただいた時は、アイドルみたいでうれしかったのを覚えています。ミュージカルより100倍の汗をかくし大変だけど、楽しいんでやっています」とやりがいを感じている様子。

 お局堕天使・ミーニャ役のシルビア・グラブも「コンサートとしても楽しめる新ジャンルのミュージカルだと思います。演じていてとても楽しいです」と話し、「出演者がほとんど女性ばかりで華やかですので、楽しみにしていてください。ももクロの振り付けと全く同じの振り付けなので、最初は大変…と思ったけど楽しいです」と喜んだ。

 ミュージカル初演出の本広氏は「ももクロと会って3年経って、どういう物語を紡ごうかいろいろ考えていたら台本も遅れてしまい、みんなに迷惑もかけてすみません」とキャストに謝りつつ、「ももクロはけいこ2日目で台本を手放していて、普通の役者でもなかなかいないので、びっくりしました。3年経って、歌も上手になったと感じました」と成長ぶりを明かした。

 会見中には、劇中歌「天国のでたらめ」を5ヶ月連続配信第3弾として10月12日に発売することを発表。ミュージカルのために書き下された同曲の作詞作曲はドレスコーズの志磨遼平、編曲は水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミが手がけた。

 舞台『ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?』はきょう24日に幕が上がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事