岡村隆史、『旅猿』方向転換を不安視 東野幸治は“インスタ映え”にノリノリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お笑い芸人の東野幸治とナインティナインの岡村隆史による日本テレビ系旅番組『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…』シリーズ14が10月3日に深夜1時34分よりスタートする(※関東ローカル)。恒例の東銀座の喫茶店・ばじりこにて初回収録が行われ、2人が囲み取材に参加した。番組公式インスタグラムが開設されたことで東野は「それに伴い、ちょっとインスタ映え。インスタ映えするところを旅行したい。今回は観光旅行を前半やっていこうと決まりました」と意気揚々と宣言した。

<前シーズンは…>岡村&東野、ベッキーと伊勢志摩へ

 「勝手なんですけど、いいカメラを岡村くんの友達から借りて撮っていこうと」とノリノリの東野に対して、岡村は「今インスタか…」と首をかしげ「カメラはデカイんですよ。それもってこなアカン煩わしさと…。あと『旅猿14』がちょっと変わるかも。いい方向に変わればいいけど、もしかしたらちょっと…時代とマッチしないというか…遅ればせながらなところが多々出てくるかもしれない」と不安視した。

 岡村の友人のカメラにもかかわらず「画像が圧倒的にきれい。ドンドンあげていきたい」と意気込む東野に、岡村は「それは今iPhoneでもできる」とチクリ。前半は長崎・五島列島へと向かうことに東野が「教会や海があってキレイだし、棚田とかも写真撮ったらいいじゃないですか。海外にも行くし、テレビ番組で“一番遅い”って面白いじゃないですか。カメラも買うか迷ってたので試してみようと」と鼻息を荒くするも、岡村は「今、iPhoneでも撮れますやん。ポートレートモードで」と言い放った。

 それでも「俺、(ポートレートがついていない)セブン(iPhone7)やから!」と抵抗する東野に、岡村は「やっぱりこだわりだすとその時間が必要になってくる。今まで、『ちょっと記念撮影』としていた時間が今度はインスタ映えを撮らないとアカンってなるんで」と怪訝な表情。これに負けじと「ただ、五島列島の後はモスクワに行きますから。モスクワの赤の広場とかクレムリンとか、写真撮りたいでしょ。テンションもあがるし観光旅行のつもりで…俺間違ってます!? (岡村が)しつこくないですか!?」と記者陣に必死に同意を求める東野と、「イメージしてるカメラと違うから…こんなデカイのってなる可能性がある」とぼやき続ける岡村だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事