福士蒼汰、猫を抱いてじゃれ合う姿にファン歓喜 主演映画『旅猫リポート』完成記念セレモニー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の福士蒼汰が25日、都内で行われた主演映画『旅猫リポート』(10月26日公開)の完成記念カーペットセレモニーに出席。主演“猫”であるナナちゃんを抱えながら、メインビジュアルにある菜の花畑をイメージした黄色のカーペットを歩き、じゃれ合いながら仲睦まじい姿を見せると会場から黄色い歓声があがった。

 大勢のファンと報道陣が駆けつけており、驚いたのかナナちゃんは福士の胸の中で落ち着かない様子。これを見て福士は「猫ちゃんがビックリしていて…」と気遣いかならイベントが進行した。

 有川浩氏の小説を映画化した同作は、一人の青年と一匹の猫が新しい飼い主を探す旅物語。主人公・悟を福士が演じ、ナナの声を高畑充希が担当し、一足先に試写を見た福士は「自分の映画で自分が泣いたというのが初めて。客観的に登場人物に感情移入して、不思議な体験でした」と告白。

 この日は共演者の、高畑、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、三木康一郎監督も登壇。生まれた時から家に猫が居て猫の考えがわかるという山本は、福士とナナのコンビを見て「撮影の中盤くらいから入ったのですが、その時には蒼汰くんとナナがお互いに信頼しあっているように見えた」と明かし「ナナも蒼汰くんにだけおとなしいので、『いいな~』と思いながら見ていました」と笑わせた。

 撮影中の様子について竹内は「いい意味で猫らしかった。撮影もナナをゆっくり待ちながら臨んでいた。ギスギスしない感じで、みんながナナをほんわか待つ現場でした。監督とかは段取りなどで大変だったと思いますが」と振り返った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事