広瀬アリス『ドラえもん』声優起用は妹に秘密「ネットニュースで知るので…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の広瀬アリスが『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(来年3月1日公開)製作発表会見に登壇。アリスは「小さい頃から毎週観させてもらったり、家族で遠出するときはレンタルで何本も借りたりお世話になってた」と思い出深い『ドラえもん』シリーズにゲスト声優として出演が決定。妹・すずには起用について「まだ言ってません」と知らせておらず「私、最近妹の仕事はネットニュースで知るので同じことをし返そうかなと」と、いたずらっ子のような笑みを浮かべた。

【全体ショット】猫耳姿のドラえもん&着物姿のキャスト・声優陣

 『ツナグ』『かがみの孤城』などで知られる直木賞作家・辻村深月氏がシリーズ39作目となる今作で映画脚本に初挑戦し、『新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』(2014)『新・のび太の日本誕生』(2016)を手がけた八鍬新之介監督がオリジナル脚本で初めて監督に挑む。月を舞台にドラえもんやのび太たちが大冒険を繰り広げる。アリスは謎の美少女・ルナを演じる。

 “秋のお月見”をテーマに登壇者全員が和装で登場した会見で、まるでかぐや姫のような十二単で現れたアリスは「十二単は人生で二回目。なかなか着る機会がないので、自然と背筋が伸びます。こんな顔でアリスと名乗っていますけれど、私がっつり日本人なので、この時間がうれしい」と喜んだ。

 また、アリスのほかにはゲスト声優としてロッチの中岡創一(キャンサー役)、サバンナの高橋茂雄(クラブ役)、俳優の柳楽優弥(ゴダート役)、吉田鋼太郎(ディアボロ役)らが参加し会見にも登壇。『藤子・F・不二雄ミュージアム』でこの仕事の報せを受けたという柳楽は運命的な縁に驚きつつ「そのタイミングで子どもとかに言ったらすごく興奮していました」と、パパとしてもうれしそう。

 悪役・ディアボロを演じる吉田は「姪っ子から鋼太郎兄ちゃんって呼ばれてるんですけど、『え、まじで!? 何演るの、ジャイアンやろ!』って。次回はジャイアンで出させてもらいたい」とまさかの立候補。ジャイアン役の声優・木村昴は吉田の名乗りに驚きつつ「大変ですね! 3代目ですか…! もうちょっと頑張りたいです! もうちょっと頑張らせてください!」と食い下がって笑いを誘っていた。

 このほか会見には辻村氏、八鍬監督、ドラえもん役の水田わさび、のび太の役の大原めぐみ、しずか役のかかずゆみ、スネ夫役の関智一らレギュラー声優に加え、主題歌「THE GIFT」を歌唱する平井大も出席した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事