アニメ『スター・ウォーズレジスタンス』12・9日本初放送
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年に放送された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以前の物語を描いた最新テレビアニメシリーズ『スター・ウォーズレジスタンス』の初回特別エピソードが、全国のケーブルテレビおよびCS放送などで視聴できる「ディズニーXD」と、無料BS放送「Dlife」で、12月9日に同時日本初放送される。

【動画】100秒アニメーションで振り返る『フォースの覚醒』

  同アニメは、『スター・ウォーズ』のワクワクする世界観を“空のレースと空中戦”に投影した、スター・ウォーズの正史であり新世代となるシリーズ。物語の舞台は、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より前の時代。銀河帝国の残党から生まれたファースト・オーダーが勢力を拡大する中、未知なる可能性をポー・ダメロンに見出された若きパイロットのカズは、BB-8とともにファースト・オーダーの脅威をスパイすることになる。

 ハラハラドキドキのスパイ活動に加え、これまで描かれることのなかったスピード感あふれる飛行レースや空中での戦闘シーンは、スター・ウォーズファンはもちろん、子どもから大人までワクワクすること間違いなし。

 若きパイロットが自分を信じて極秘ミッションに挑む、新世代スター・ウォーズ。監督はルーカスフィルム・アニメーションのベテラン、デイブ・フィローニ、プロダクションは日本に限らず世界の中でも有数の歴史と実績を誇るデジタルアニメーションスタジオのポリゴン・ピクチュアズが担当。本作は監督の意向により日本のアニメを意識し製作されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事