SKE須田、写真集“爆死”でも余裕「ネタにできるきっかけをいただいた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドルグループ・SKE48の須田亜香里(26)が17日、都内で行われた宝島社『SKE48衣装図鑑 全力制服』発売記念トークイベント前囲み取材に出席した。「なんでも史上初をとりたい」と虎視眈々と狙う須田は「ここ最近も『(総選挙)2位なのに(自身の写真集が)爆死』ってすごい話題にしていただいて。その前は『ブスなのに神7』って。キャッチコピーがどんどん増えて、グループ初のキャッチコピーは勝ち取っていきたい」と自虐しつつも超ポジティブな見解を語った。

 “爆死”と騒がれることにも「ありがとうございます、でした」と余裕の表情をみせ、「売れないっていうことは自分でも気づいてた」とアッサリ。「それをネタにできるきっかけをいただいたし、リリース期間がもう一度いただけた」と前向きに捉えると、「私一人の部数は1万(部)弱なので、これとセット買いしてくださる方がいらっしゃると助かります」とちゃっかりアピールした。

 同書は昨年3月に発売され好評だった『AKB48 衣裳図鑑 放課後のクローゼット ~あの頃、彼女がいたら~』のSKE版。デビュー曲「強き者よ」から最新シングル「いきなりパンチライン」まで全23枚のシングル、カップリング、劇場公演までの衣裳図鑑。過去10年の歴史を衣装とともに振り返ることができる。

 いつまで“アイドル衣装”を着ていたいか聞かれた須田は「目標としては30歳まではアイドルとして衣装を着ていられたら。アイドルでいる私たちがすきだというファンのみなさんもいらっしゃるので、ファンの方に支えられてこそなので、一部の需要かもしれませんが信じてやってます」とアラサーまでアイドル宣言。

 30歳まで続ければ歴代最年長での在籍になることから「柏木(由紀)さんは同い年なんですけど柏木さんは私より誕生日が早い。だから柏木さんはいつまでやるんだろうっていつも伺ってます」とライバル視。二人ともミニ丈など露出の多い衣装を好んでいるそうで「どちらが長く美しくアイドルを続けるか、まだここから先が楽しみの戦いですね」と不敵な笑みを浮かべた。

 この日は衣装デザイナー・茅野しのぶ(オサレカンパニー)、そして後輩である小畑優奈、菅原茉椰とともに歴代の衣装を着用して登壇。9年ほど前、初めての劇場公演のモノトーン衣装に袖を通した須田は「劇場に立っている姿はテレビで見ている方は知らないことが多いと思うのでその原点である衣装を多くの方に見ていただけるのはうれしいです」と声を弾ませた。

 自身がセンターを務めた「無意識の色」の青と赤のコントラストが印象的な衣装を披露した小畑は「スポーティな感じがSKEにあってる。後ろの襟がセーラーみたいになってます」と紹介。メンバー人気が高いという「12月のカンガルー」の衣装を着用した菅原は「メンバーそれぞれ、マフラーとコートの色が違ったり、選抜メンバーに合うように考えられた衣装。コートとマフラーってなかなかないので、そんな新しい衣装をSKEで出せたのは誇らしい」とお気に入りの様子。

 茅野氏いわく、SKE48だけで所持している衣装はユニット曲なども含めて6000着。保管方法は「巨大倉庫、Amazonみたいな感じで、番号で決められてデジタル管理されている。スマホでチェックできる。Aの6の3はこの倉庫でここにある、とか。SKEは特殊素材もあるので、特殊素材を集めたところもあってそこは温度調整もされています」と知られざる裏側を明かして3人を驚かせていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事