ブッチャー、馬場さん追善興行で引退 来年2・19に「フォークを置いて…」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 十六文キックの得意技で知られ、人気プロレスラーだったジャイアント馬場さん(享年61)の没後20年を記念した追善興行を、来年2月19日に東京・両国国技館で開催することが19日、都内会見で発表された。同日には、馬場さんとライバル関係で一時代を築いた“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャー(77)の引退セレモニーが行われることも明かされた。

【写真】往年のプロレスファンも歓喜…天龍源一郎&坂口征二がガッチリ握手

 同セレモニーには、スタン・ハンセン(69)ら豪華ゲストも参加予定。ブッチャーは「ミスター馬場のメモリアルショーをやるから来日してほしいという要請を受け、ぜひ参加したいと返事をした」とコメントを寄せ「このビジネス(プロレス)を始めて57年。日本に初めて行ってから48年。そろそろコスチュームとフォークを置いて、リタイアする時が今回のタイミングなのでは」と、節目への覚悟をにじませている。

 追善興行は、現時点で全日本プロレス、新日本プロレス、大日本プロレス、プロレスリング・ノア、WRESTLE-1などの団体が参加表明。対戦カードは未定ながら、6~7試合を予定している。

 会見に出席した大会実行委員の新日本プロレス・坂口征二相談役(76)は「馬場さんには弟のようにかわいがってもらいました。プロレスがますます隆盛するイベントにできれば」と期待を込め、同席した天龍源一郎(68)も「もう20年経つのかと、胸に迫るものがある。馬場さんが孤軍奮闘して今のプロレスがある。ご来場いただいた方に『こういう偉大な人がいたのか』と認識してもらえれば何よりです」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事