大泉洋、高畑充希らキャストにボヤキ全開 スタッフにも「名前なんて言うんだ!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の大泉洋が12日、都内で行われた映画『こんな夜更けにバナナかよ 美しき実話』(12月28日公開)完成披露試写会舞台あいさつに高畑充希、三浦春馬らキャストともに登壇した。北海道でのロケを通してすっかり打ち解けた雰囲気のキャストだったが、この日も大泉のボヤキが全開。高畑や佐藤浩市の言動を暴露して、会場を盛り上げたほか、イベントの演出ではスタッフにも不満を爆発させた。

 開始早々から一人だけ本物のバナナをマイクの代わりに持たされた大泉は、話し始める前に本物のマイクと取り替えられる…といった演出に「このタイミングで替えられるならいらないボケ。バナナを持ってしゃべるくらいのボケを考えてたのに…。これテレビにものらないよ」と困惑。そこで再びスタッフからバナナを手渡され「このタイミングがわからないぞ! なんだきみ! 名前なんていうんだ!」と絶叫した。 

 また、タイトルにちなみ「○○なのに○○かよ」とかけてキャストの意外な一面を聞かれると「ランニングなのに止まるのかよ」とし、北海道でのロケでは三浦、高畑とともにランニングした際を振り返り「高畑さんは10メートル走るとすぐに止まるわけです。わ~と走ってすぐに止まる。そのペースについていくのに大変だった」とクレーム。「つらいところを乗り切れば楽になるからといってるんですけどすぐ止まるんですよ…」と呆れる大泉に、高畑は「マイペースなランニングに2人が付き合ってくれた。2人はめっちゃ優しいです!」と感謝しきりだった。

 そして話の矛先は佐藤へと向かい、大泉は「『撮影なのにゴルフかよ』。浩市さんは撮影の前乗りをしてゴルフして、帰りにまたゴルフしてる。浩市さんがゴルフした日だけ晴れてる。肝心な撮影の日は雨が降っている。そこで言った言葉が『やっぱ俺はさすがだな~』って。本当になにをしに来たのかわからない。夏の撮影だから来てくれたんだと思ってます」とチクリ。

 原田美枝子が富良野へドライブにでかけた話題では原田が「ごめんなさい。みんなが撮影中なのに…」と申し訳無さそうに語れば、大泉は「いいんですよ、2回も富良野行った人いるんだから」と再び佐藤を追撃すると、佐藤は「休みの日はなにをやってもいいです!」と開き直って会場に爆笑を起こしていた。

 同作は第35回大宅壮一ノンフィクション賞&第25回講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した実話を映画化。幼少から重度の筋ジストロフィーによって車いす生活を送る鹿野靖明(大泉)と彼に振り回される医大生ボランティアの田中(三浦)、その恋人の美咲(高畑)らによる笑いと涙の物語。このほか渡辺真起子、竜雷太、綾戸智恵、前田哲監督が登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事