清原果耶“人気女優の登竜門”14代目高校サッカーマネージャーに ダンスも挑戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の清原果耶(16)が12月30日に開幕する『第97回全国高校サッカー選手権大会』の14代目マネージャーに就任した。高校サッカーマネージャーといえば初代の堀北真希から、新垣結衣(2代目)、広瀬すず(10代目)、永野芽郁(11代目)など数々の人気女優の“登竜門”。このほど都内で行われたお披露目会見に参加した清原は「歴代の方々のニュースを見て『輝いているな』と一歩引いて見ていたので…。まさか自分が任命していただけるとは。びっくりです」と抜てきに驚いた。

【写真】制服姿がまぶしい清原果耶の全身ショット

 現在16歳の現役高校生である清原は『アミューズオーデション 2014』でグランプリを獲得。今年からティーン誌『Seventeen』(集英社)で専属モデルを務め、NHK『透明なゆりかご』で連ドラ初主演を務めるなど幅広く活躍している。

 オファーを受け「自分のなかで新しい世界に踏み込むような感覚。すごくドキドキしながら今、ここにいます。同世代の選手のみなさんが自信を持って全力で練習してきたサッカーの仲間に入れていただけるくらい、熱い応援を精一杯送りたいと思います」とやる気をみせた。

 今回は新たな試みとして応援ダンス企画『仲間と楽しめ!!応援ダンスムービー(仮)』に挑戦。今年の応援歌・Mrs.GREEN APPLEの「僕のこと」に合わせて、大会出場経験のある高校生とコラボする。11月から12月にかけて猛練習し、12月下旬に撮影。その模様を開幕前の12月29日放送予定の『高校サッカー開幕特番(仮)』で応援ダンス完成版とともに披露する。

 小学校5年生から中学1年生までジャズダンスの経験を持つ清原は「最近は踊れていなかったので、今から頑張ってつくりこんでいかなきゃ」と奮起。「自信はないです。自信を作れるくらい頑張って練習します。どれくらい難しいかも聞いていないのでドキドキですが、楽しんでできればいいな」と声を弾ませた。

 清原は歴代マネージャーと同様に、抽選会や閉会式など高校サッカーの現場で選手たちを取材し、ハイライト番組などに出演。これまでサッカーにはあまり触れてこなかったことから「そこまでサッカーに詳しくないけど大丈夫かなという思いもありましたが、スタッフのみなさんが私自身の視点から楽しむポイントを見つけて、見てくださる人に伝える活動ができたら、とおっしゃっていただいて、そこまで気張らずゆっくり勉強していけばいいんだと安心しました」と胸をなでおろす。

 高く飛躍した2018年を締めくくり、そして“勝負の年”である来年最初の仕事とあって「高校サッカーのマネージャーさんの仕事ができるのは名誉なこと。締めくくりと始まりは重要ですし、私のなかで新しい世界でたくさんのことを勉強して吸収していけたら」と全力投球を誓っていた。

<高校サッカー歴代応援マネージャー>

初代 堀北真希(第84回大会)
2代目 新垣結衣(第85回大会)
3代目 北乃きい(第86回大会)
4代目 逢沢りな(第87回大会)
5代目 川島海荷(第88回大会)
6代目 広瀬アリス(第89回大会)
7代目 川口春奈(第90回大会)
8代目 大野いと(第91回大会)
9代目 松井愛莉(第92回大会)
10代目 広瀬すず(第93回大会)
11代目 永野芽郁(第94回大会)
12代目 大友花恋(第95回大会)
13代目 高橋ひかる(第96回大会)
14代目 清原果耶(第97回大会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事