桝太一アナ『ZIP!』新人を熱血指導 市來玲奈アナは本番前に涙…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレビアナウンサーの桝太一が、14日放送の日本テレビ系バラエティー『1周回って知らない話』(毎週水曜 後7:00)のスタジオに、河村亮、森富美、森圭介、梅澤廉、そして入社1年目の市來玲奈、岩田絵里奈、篠原光と、新人からベテランまで総勢8人の同局アナと出演。『1周回って知らないアナウンサーの裏側大公開スペシャル』と題して、知られざるアナウンサー新人指導の現場や壮絶な実況の舞台裏などを明かす。

【写真】笑顔を見せる元乃木坂46の市來玲奈アナ

 番組では、新人の篠原アナが先月、桝アナが総合司会を務める朝の情報番組『ZIP!』でデビューするまでに密着。初めて番組見学に来た篠原アナに、アナウンサーの心得を次々と教える桝アナ。事前の番組シミュレーションでは篠原アナの一挙手一投足に目を光らせ、合間で原稿のめくり方まで細かく熱血指導。そんな熱い先輩からのダメ出しを必死にメモし本番に挑む篠原アナだが、本番後にも桝アナから厳しい指摘が…。

 普段の爽やかイメージからは意外とも思える熱血ぶりをみせる桝アナは、新人に求めることについて「やんちゃさ」と回答。今回、必死に「やんちゃ」を体現する桝アナの秘蔵映像も発掘。今とは全く違うキャラ迷走中の桝アナにスタジオでは大爆笑が起こる。

 また元乃木坂46という異色の経歴を持つ新人・市來アナは、先月から報道番組『news zero』のお天気キャスターを担当。デビュー1週間前、スタッフの初顔合わせで早速原稿読みの練習をすることに。すると、「ぶっきらぼう」「情緒がない」など、スタッフからダメ出しの嵐で前途多難の様子。不安でいっぱいの市来アナは、39年目のレジェンド・井田由美アナウンサーにマンツーマンで指導を仰ぎ、いざ本番へ。そこには目に涙をためる市來アナの姿が。果たしてデビューの出来は。

 さらに、お正月の風物詩『箱根駅伝』の予選会の裏側にカメラが潜入。普段表に出ることのない日テレアナウンス部伝統の連携プレーを紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事