安室透、DIMEトレンド大賞で「ベストキャラクター賞」受賞 漫画キャラでは史上初の快挙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気漫画『名探偵コナン』に登場する人気キャラクター・安室透が14日、今年のトレンドを映し出すヒット商品やサービスなどを表彰する『第31回 2018小学館DIMEトレンド大賞』の『ベストキャラクター賞』を受賞した。漫画の登場人物が同賞を受賞するのは史上初となる。

【写真】『名探偵コナン』ついに“あの方”が判明 歴史的1ページのペン入れ公開

 今年の安室透の活躍は凄まじく、4月に公開された劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』にメインキャラクターとして登場すると、興行収入90億円を突破しシリーズ最高興収を記録。5月には彼を主人公にしたスピンオフ漫画『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』の連載が『週刊少年サンデー』でスタート。コミックス1巻、2巻は発売後すぐに緊急重版がかかり累計130万部を突破し話題となった。

 東京ミッドタウン日比谷で開かれた発表・授賞式には、アニメで安室透の声を担当する声優・古谷徹が登壇。「すてきな賞を受賞することができ、感無量です。長いことアニメ声優をやってきて本当によかったと心から思っています」と喜んでいた。

 『名探偵コナン』コミックス75巻で初登場した安室透は、私立探偵の“安室透”、黒ずくめの組織の“バーボン”、公安警察の“降谷零”という3つの顔を持つ謎多き人物。名前は人気アニメ『機動戦士ガンダム』主人公のアムロ・レイとその声優である古谷徹が由来となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事