“福岡で一番の美女”大ブレイク中の今田美桜のヒミツを大解剖
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女優の今田美桜(21)が、16日発売の女性ファッション誌『LARME』037Jan(徳間書店)に初登場。同誌ならではの真っ白な世界感でのファッションストーリーで、“福岡で一番の美女”がかわいらしさを発揮した。

【別カット】レース衣装で真っ白な世界観に溶け込む今田美桜

 地元・福岡で芸能活動していた今田は、昨年4月にスポーツ紙で「福岡で一番かわいい女の子」と紹介されて話題に。上京後に芸能活動を本格化させ、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』ではメインキャストの真矢愛莉を演じて一気にブレイク。インスタグラムのフォロワーは120万人を超えるなど、男女双方から注目を集めている。

 今回初めて今田をモデルに迎えた『LARME』は、くっきりした丸い瞳、うるっとしたツヤ肌、愛くるしい笑顔とカワイイだらけの今田のヒミツを大解剖。さまざまな表情とポージングの撮り下ろしカットのほか、「私服は大人っぽくみせるモノトーン率が高め」と語るインタビューで、魅力に迫っている。

 また、同号の表紙には031号以来、2度目となる欅坂46・渡辺梨加が登場。16ページの特集やクリアファイルの特別付録など、大きくフィーチャーされた。そのほか、乃木坂46の与田祐希、NMB48の吉田朱里などが誌面を飾っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事