大泉洋&横溝菜帆がUSJに登場 “グリンチ流”クリスマスに会場沸く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 俳優の大泉洋と子役の横溝菜帆ちゃんが16日、映画『グリンチ』の公開を記念してユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行われたイベント『スペシャル・“グリンチマス”・パーティ』に出席した。

【集合ショット】クリスマス衣装のミニオンたちも登場!

 イベントでは、『イエロー・クリスマス』としてミニオンカラーの“イエロー”装飾が彩られた人気エリア「ミニオン・パーク」に、菜帆ちゃんがミニオンを連れて登場。 菜帆ちゃんのために用意されたこの日だけの特別なイエロー・クリスマス・パーティをスタートして盛り上がりをみせると「ちょっと待ったー!」の声とともに、 映画『グリンチ』の日本語吹き替え版を担当する大泉と、 世界初登場の「ベイビーグリンチ」がサプライズ登場し、会場に詰めかけたゲストから割れんばかりの拍手と大歓声が巻き起こった。

 “超ひねくれもの”のグリンチを演じ切った大泉は、「僕たちをおいて、 みんなで盛り上がっちゃって…そんなことしたらひねくれちゃいますよ!」と、登場から終始ひねくれた様子。同じく劇中でシンディ役を演じる菜帆ちゃんに「ミニオンたちとクリスマスを一緒に楽しみましょうよ!」と誘われると、大泉とベイビーグリンチは相談の上“グリンチ流”のクリスマスを提案した。

 その後、大泉さんの「メリー」の掛け声に続き、菜帆ちゃんはじめ、会場のゲストが「グリンチマス!」と発すると、グリーンのバルーンやコンフェティ(紙ふぶき)やパフボールなどがエリアに飛び広がり、一面がグリンチのカラーである“グリーン”に一変。クリスマス期間中「イエロー・クリスマス」で賑わうミニオン・パークが、グリーン一色の“グリンチマス”に変貌を遂げると、会場は驚きの声とともに、この日一番の盛り上がりをみせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事