岩井俊二監督、故郷・宮城で初ロケ「感慨深い気持ちになった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画監督・岩井俊二氏が16日、都内で行われた小説『ラストレター』刊行記念トークショー前の囲み取材に出席した。

 同書は、自身が監督、女優・松たか子が主演を務める映画『Last Letter』(来年公開)の原作小説。完成版を手に「きれいな装丁に仕上げていただいて、すごいうれしいです」と喜びを口にしながら「去年のお正月くらいずっと籠もって、悶々と解けないパズルを解くような気持ちでした。苦しみながら何とか形にしていった記憶があります」と執筆時の苦労を明かした。

 映画版は、岩井監督が、初めて故郷・宮城を舞台に選び、自身の原体験を詰め込んだ集大成としてメガホンをとり、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描くオリジナルストーリー。松のほか、広瀬すず、福山雅治、神木隆之介らが出演する。

 すでに撮影を終えており「これから仕上げをする段階」と岩井監督。「夏に猛暑の中、撮影をした」と振り返りながら「初めて故郷で撮影をしたけど、自分の原風景がそこかしこにあって、初めてカメラを向けて感慨深い気持ちになった。それと同時に『なんでここで撮ってこなかったんだろう』と思いましたね」と話していた。

 イベントでは、脚本家・北川悦吏子氏を招いてトークショーを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事