『情熱大陸』諫山創氏登場、『進撃の巨人』“最終コマ”のイメージ明らかに
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人間が巨人に次々と喰いちぎられるという残酷で強烈な描写と独特な世界観のストーリーで読者に大きな衝撃を与えた人気漫画『進撃の巨人』の作者・諫山創(いさやま・はじめ)氏(32)が、18日放送のMBS・TBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』(後11:00~11:30)に登場する。単行本の発行部数は7600万部を超え、世界18言語に翻訳され180ヶ国に展開、近年ハリウッドで実写映画化されることも決定した、世界的人気を誇る作品だ。

【写真】密着取材中の諫山氏

 物語の舞台は、巨人が全てを支配する世界。そこから逃れるたびに残されたわずかな人類は大きな城壁を築き、その中で怯えて暮らしていた。主人公のエレンは、まだ見ぬ壁の向こう側の世界に憧れる少年。だがある日、大型巨人の出現で壁が崩され、巨人と人間による生き残りをかけた壮絶な闘いが始まる。ダークファンタジーの要素の中に、リアリティーあふれる人間描写が描きこまれ、その圧倒的な迫力は連載開始から10年経っても読者をひきつけてやまない。

 番組では、そもそも巨人が人を食べるという発想の原点や、壁に囲まれた人間社会というイメージの原風景となった“秘密の場所”、アニメのアフレコ現場でエレン役の声優、梶裕貴に原作者である諫山氏しか知りえない微妙なニュアンスを伝える場面などを取材した。

 さらには、連載10年の時を経てついに最終章を迎える『進撃の巨人』のラストネームに諫山氏が着想する現場にも密着する。これまで、余り他人に見せることはなかったという諫山氏だが、撮影中、アイデアが浮かばずに「つらい…、今はそのつらささえ現実逃避している感じ」とつぶやき、ソファに足を投げ出しスマホをいじり出したり、ひたすらあくびを連発しながら原稿と向き合い続ける様子には、ヒットメーカーのリアルな苦悩がうかがえる。

 悩み葛藤しながら果たして諫山氏はこの大ヒット作品にどのような最後を用意するのか? 密かに抱いていたという“最終コマ”のイメージも番組で明らかになる。

■プロフィール
 1986年大分県生まれ。専門学校九州デザイナー学院 マンガ学科卒業。2008年講談社『週刊少年マガジン』第81回新人漫画賞で入選を受賞。09年より『別冊少年マガジン』(同)にて『進撃の巨人』を連載中。第35回講談社漫画賞を受賞。締め切りに追われる日々の中、息抜きはゲームと格闘技観戦。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事