【まんぷく】橋爪功、19年ぶり朝ドラ「現場でいつもアンテナを張っています」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(月~土 前8:00 総合ほか)。俳優の橋爪功が演じる大阪経済界の重鎮、三田村亮蔵が17日放送の第42回に久しぶりに登場。ヒロイン・福子(安藤サクラ)から萬平(長谷川博己)が「たちばな塩業」を立ち上げたことを聞くと、ポーンと3万円、投資すると言い出した。人を見る目があって、面倒見がよく、情にもろい、誰もが一目置く大人物だ。

【場面写真】出番は少ないが何かと救世主になってくれる三田村会長

 橋爪も日本の演劇・映像の世界にはなくてはならない存在で、代表作は数知れず。連続テレビ小説は『すずらん』(1999年度前期)以来、19年ぶりとなる。

 「実は今回、『まんぷく』が“朝ドラ”って知らないで出演を受けてしまったんです(笑)。今回はそんなにたくさん出番があるわけではないのですが、今まで“朝ドラ”の収録でどれだけNHKに通ったことかと、なつかしいことを思い出しました(笑)」と、橋爪。

 演じる際にはいつも、どんなことを心掛けているのか。「実は僕自身はあまり役作りをしないで、演出担当に任せているところもあります。とは言え何もしないわけではなく、良くできた台本からは受け取れる情報は無尽蔵にありますし、自分の役だけではなく、そのまわりに人物たちの背景などを、いろいろ想像して演じています」。

 想像はめぐらせても、それに固執しないことが肝心だ。「最終的にカメラの前に立つ時には現場にお任せしています。自分の目線で考えてきたことと、台本を読み込んできた演出陣の目線では、どこかですれ違いやギャップが生じてしまうことは間違いないですし、現場でいつでも修正できるようにアンテナを張っています。撮影したあとに演出担当がしっくりきていない顔をしてたら、じゃあ次はこういうふうに演じるのはどうでしょう?と、僕は提供する役割です。だから現場ではエネルギーを使いますね」。

 そもそも橋爪は大阪出身。「インスタントラーメンという世紀の発明品の物語ですが、そこに登場するのは英雄ではなく、普通だけどちょっと面白くて魅力的な人々です。終戦後、価値観ががらりと変わった世の中でも、大阪の商人や研究者たちはエネルギッシュでしたし、そのタフさを伝えるのに関西ことばがしっくりとはまっています。大阪を舞台にしているので、泥臭く、そして人間くさいドラマになればいいなと思っています」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事