『関ジャム 完全燃SHOW』吹奏楽の甲子園を制した強豪校が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気アイドルグープ・関ジャニ∞が出演するテレビ朝日系音楽バラエティー『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:10~深0:05)。18日の放送は、番組初となる「吹奏楽部」をテーマに、毎年数々のコンクールで賞を獲得し、今年行われた吹奏楽部の甲子園「全日本吹奏楽コンクール」でも金賞に輝いた強豪校、東海大学付属高輪台高校吹奏楽部の3年生部員たちをゲストに招いて、吹奏楽に青春を捧げる高校生たちのリアルな声を引き出していく。

【写真】ディズニーの吹奏楽CDで演奏も

 福山雅治や東京スカパラダイスオーケストラのメンバー、トランペッターのタブゾンビ(SOIL&”PIMP”SESSIONS)など、現在活躍する一流ミュージシャンの中にも出身者が多い吹奏楽部。「小学生の時、トロンボーン、パーカッション、木琴、鉄琴をやっていました」という松井玲奈がスタジオゲストとして出演する。

 吹奏楽とオーケストラの違いは? 特に人気のある楽器は?といった “素朴な疑問”はもちろん、強豪校ならではの過酷な年間スケジュールや厳しいチーム選抜の実態、さらには 独自の練習方法まで番組で紹介する。

 年間スケジュールの中で最大の山場は10月に行われる「全日本吹奏楽コンクール」だが、出場できるのは1団体55人まで。全学年で部員140人の同校では、この55人=Aチームに入ることが、最初の目標となる。さらに楽器ごとにフルートは4人、トランペット6人などの定員があり、コンクールの舞台に上がるために楽器を変更する生徒も珍しくない。

 番組の冒頭であいさつ代わりに1曲演奏するのを聴いて、松井は「高校生らしいピュアな感じが伝わってくる演奏だった」。大倉忠義も「グッときました。青春時代を楽器に捧げてきたんだなと考えると、泣きそうになった」と話していたが、その後、部員たちがどのように吹奏楽に青春を捧げてきたかが、さまざまな取材から明らかになる。

 収録に参加した3年生の中には、途中で変更した楽器で音楽大学への進学を決めた生徒もいれば、最後までチャレンジしてもAチーム入りがかなわなかった生徒もいる。成功もあれば挫折もあり、実を結ぶ努力も報われない思いもあることを知った後に聴く、ジャムセッションはいつにも増して心が揺さぶられた。プロの演奏とは異なる、部活動という期間限定、今だけの輝きみたいなものが感じられるのだ。

 そのジャムセッションで演奏するのは、2014年『熱闘甲子』テーマソングおよび「ABC夏の高校野球応援ソング」でもあった関ジャニ∞の「オモイダマ」。吹奏楽アレンジで、安田章大がギター、大倉忠義がドラム、横山裕がトランペットで参加し、メンバー全員で熱唱する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事