『はたらく細胞』新作エピソード12・26放送 謎の細胞が白血球らにいたずら仕掛ける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレビアニメ『はたらく細胞』の新作エピソード「風邪症候群」が制作されることが決定し、12月26日午後深夜0時半よりTOKYO MXやBS11などで放送されることが18日、発表された。あわせてPVも公開された。

【動画】細胞たちが働く新作エピソードのPV

 同作は『月刊少年シリウス』(講談社)で連載中の清水茜氏の漫画が原作。白血球、赤血球、血小板など人間の体内にある細胞を擬人化したキャラたちが、細菌との戦いや日常を描いたストーリー。テレビアニメが7から9月に放送され、細胞の仕組みをわかりやすく解説し話題となった。

 新作エピソードでは、同じ作業(細胞分裂)を繰り返すだけの毎日に飽き飽きしていた一般細胞の前に、すてきな帽子をかぶった謎の細胞が登場。その細胞は白血球(好中球)やキラーT細胞らにいたずらを仕掛けようと一般細胞を誘い、日頃のうっぷん晴らしをして楽しむ一般細胞の姿が描かれ、謎の細胞の正体に迫る。

 TOKYO MX、とちぎテレビ、群馬テレビ、BS11で放送されることが決定し、MBS、テレビ愛知、北海道放送、RKB毎日放送、AT-Xでも順次放送される予定。詳細は追って発表される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事