稲垣・草なぎ・香取「新しい地図」として初、揃って地上波出演 RKBローカルで特番
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾の3人が揃って出演する単発番組『略してブラリク』が、福岡を拠点とするRKBテレビで12月1日と15日(両日とも後4:00~)の2回、放送されることが19日、同局から発表された。2017年9月に「新しい地図」として新たなスタートを切ってから、3人そろって地上波のテレビ番組に出演するのは今回が初となる。

【写真】制作協力のメルカリの新CMに出演する草なぎ剛

 番組は、3人が福岡の人たちの“ムチャブリ”に応える街ブラ企画ではあるのだが、最終的に出会った人に「遺言」を書いてもらう…という、ちょっとブラックな落ちがあるというもの。香取は「カンペのない番組で『バラエティー慣れした慎吾は慣れた感を出さずにうまくその場を仕切れ』みたいでイヤな感じでした」とニヤリ。

 3人は、行き先も知らされずに連れてこられた、初めて訪れる福岡のとある町で、偶然出会った人々と触れ合い、予測不能&遠慮無しのリクエスト、すなわち “ムチャブリ”に応えていく。さらに、初めて出会った人に遺言を書くようお願いする3人と、福岡の町の人々が、どのように化学反応するかが最大の見どころとなりそうだ。

 ロケを行ったのは、福岡県糸島市の船越漁港。漁師一家に出会いよもやま話話に花を咲かせつつブラックなリクエストに応えたり、漁港名物の牡蠣小屋で舌鼓を打ったり、東京では見られない、地方ロケならではの3人のリラックスした表情も見逃せない。

 草なぎは「今回のロケは、初めてのスタッフと、しかもアポイント無し行き当たりばったりのロケをしているので、そういうところがすごく面白いと思います!」とコメント。稲垣も「今回は福岡の中でも自然のきれいな糸島。命の洗濯ができるほどすごく気持ちよく素晴らしい場所で、人もあたたかく、みなさん絡み方が独特で面白い。福岡はフレンドリーでいいですよね」と好感触だったよう。

 香取からは「僕らが知らないだけで、福岡県の糸島が日本で一番住みたい街っていうだけありロケしていると意外な発見がたくさんありました! 番組は楽しみですし、福岡県も広いから全部行きたいです!」と、番組のレギュラー化を望むような発言も飛び出していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事